2020-02-06
カテゴリトップ > カスタムパーツ > 外装 > シート関連 > シート本体
SARGENT サージェント シート本体 ワールドスポーツ パフォーマンスシート 【EUローシート:フロント+リア】 タイプ:シートヒーター搭載 パイピングカラー:G-055 素材 (シート表皮):Duratex■商品番号
WS-654-SE-IHFR-G-055

■商品概要
【カラー】
座面:ブラック
【サイズ】
シート高:約77.5-79.5cm (純正:75.5-78.0)


タイプ:シートヒーター搭載 パイピングカラー:G-055 素材 (シート表皮):Duratex

■適合車種
▼BMW
R1200RT LC 水冷 (14-)

■詳細説明
【SARGENT】
半世紀に渡りライダーの要望に応えるライディングシートは本質を変えることなく機能性を極限まで追求するSARGENT】サージェントのセオリー。
軽量でありながら乗り心地は損なわない理想的なシートを実現。
その技術は広大な大地を駆け抜けるアメリカでこそ発展したものであり、純正はもちろん、他のブランドのシートとは一線を画す仕上がり。
完全手作りのオーダーメイド個別生産方法も高い品質へのこだわり。
快適性を極限まで追求したSARGENT】サージェントのコンフォートシート。
長時間ツーリングで威力を発揮します。
R1200RTLCのシート は最新のデジタルモデリング、CAD設計、職人による手作り生産等、他のシートと一味違ったコンフォート性を実現しています。

・軽量、高互換設計
軽量で高剛性なSargentシートは純正シートと置き換えるだけの簡単装着。
・下記技術により信じられない程の疲労軽減を実現
・ゾーンサスペンションテクノロジー
特許出願中の技術で高圧力点の圧力を分散し疲労を軽減。
・スーパーアトミックフォーム
無駄な保熱、重量増につながるゲルを使用せず、硬さ、衝撃吸収等に優れた独自素材。
・シート幅の見直し
純正よりシート幅を拡張することによって快適性を向上。
・表皮にはCarbonFXとDuratexを選択可能
《CarbonFX》
・高耐久 耐摩耗性、耐候性
・綾織カーボン風
・メンテナンスフリー
《Duratex》
・高耐久 耐摩耗性、耐候性
・滑りにくい
・メンテナンスフリー
・シート裏に工具ボックスを装備
・利便性を追求し、スペースを有効活用
・もちろん純正のシート高調整も使用可能。
・シートヒーター搭載(純正配線接続)、非搭載を選択可能。
・パイピングのカラーが選べます。

■注意点
※パイピングのオーダーカラーは、上記リンクより【オーダーカラーサンプル】カラーコードリスト】(PDF)をご確認の上、カラーコードを選択してください。
※完全手作りの為、受注生産品となります。本国(米国)への発注のため、納期には1-2ヶ月ほどお時間を頂きます。予めご了承ください。
※純正シートをお送りいただく必要は御座いません。
※実際の製品は改良・仕様変更などにより、一部カラー、形状が異なっている場合がございます。
※撮影の都合上、他商品も写真に写っている場合がありますが表題の商品のみのお届けとなります。
※取扱い説明書はすべて英語・その他外国語です。あらかじめご了承ください。

【送料無料】シート関連 R1200RT LC 水冷 (14-) SARGENT サージェント WS-654-SE-IHFR-G-055
当店通常価格133,920円 (税込)
価格
133,920円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
メーカー在庫確認後、発送日は別途ご連絡
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先