2018-11-24
カテゴリトップ > 望遠鏡・光学機器 > 天体望遠鏡
ビクセン ポルタII ED80Sf (9月以降の入荷予定) 《納期未定》
■手を離した位置で鏡筒がそのまま固定される「フリーストップ式」を採用、鏡筒の向きを大きく変える操作が簡単
■こまかい動きで星を探したり追ったりするための微動ハンドル(上下方位全周微動)を装備。■ビクセンが生んだ世界標準「アリミゾ式(規格)」を採用、鏡筒の載せかえが可能
■オプションパーツ(別売)併用で月面写真撮影もOK
■架台部と三脚の取付・取外しがハンドルネジ1本で可能
●本体サイズ【鏡筒部】長さ570mm×外径100mm【三脚】長さ90⇔130cm
●本体重量【鏡筒部】4.8kg(本体3.4kg)【経緯台】5.7kg(三脚含む)
●対物鏡有効径 80mm】EDレンズ・アポクロマート、マルチコート
●焦点距離(口径比)600mm(F7.5)
●分解能・極限等級 1.45秒・11.3等星
●集光力 肉眼の131倍
●ファインダー 9倍50mm 実視界4.8度
●倍率【接眼レンズ(31.7mm径)】NPL20mm(30倍、実視界100分)、NPL6mm(100倍、実視界30分)
●架台 ポルタ II 経緯台
●付属品 星座早見盤、星空ガイドブック、専用鏡筒用アルミケース
■1世紀ぶりに木星、土星、火星が相次ぎ最接近!■

木星、土星、火星が2018年5月10日から夏にかけて、地球に相次ぎ最接近し、
空のほぼ同じ方角に明るく並びます

各惑星の色にも特徴があり、木星が薄茶色、土星が黄色、火星が赤色で
肉眼でも色の違いが分かるそうです

土星は15年周期で輪の傾きの見え方が変化するが、現在は傾きが大きい時期
天体望遠鏡を使えば美しい土星の輪を鑑賞できます

最接近するのは
木星:5月10日(木)
土星:6月28日(木)
火星:7月31日(火)

これから秋にかけて天体ショーが楽しめる時期です
■1世紀ぶりに木星、土星、火星が相次ぎ最接近!■

木星、土星、火星が2018年5月10日から夏にかけて、地球に相次ぎ最接近し、
空のほぼ同じ方角に明るく並びます

各惑星の色にも特徴があり、木星が薄茶色、土星が黄色、火星が赤色で
肉眼でも色の違いが分かるそうです

土星は15年周期で輪の傾きの見え方が変化するが、現在は傾きが大きい時期
天体望遠鏡を使えば美しい土星の輪を鑑賞できます

最接近するのは
木星:5月10日(木)
土星:6月28日(木)
火星:7月31日(火)

これから秋にかけて天体ショーが楽しめる時期です

※詳しくはメーカーサイトをご確認下さい。

Vixen`天体`星`


[送料無料]
価格
112,206円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
未定
台数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先