2018-11-02
カテゴリトップ > 分電盤 > 分電盤 > スマートコスモ > レディ型 > 省エネ(電化)対応 住宅分電盤 > EV・PHEV充電回路・エコキュート・IH対応
パナソニック レディ型 省エネ(電化)対応 住宅分電盤 EV・PHEV充電回路・エコキュート・IH対応 リミッタースペースなし 主幹容量75A 回路数30+回路スペース数3 《スマートコスモ コンパクト21》 BHS87303T2EV【特長】
■ドアカバーが水平着脱でき、取付施工性が向上し、天井面への密着設置が可能になり設置場所の自由度が高まりました。
■幹線引込開口と分岐配線作業スペースの拡大により、配線施工がしやすくなりました。
■3回路分の分岐スペースを標準装備、増設回路の多用途に対応します。

※画像は代表画像です。

【仕様】
●型番:BHS87303T2EV
●レディ型
●リミッタースペースなし
●省エネ(電化)対応
●EV・PHEV充電回路・エコキュート・IH対応
●露出・半埋込両用形
●相線式:単相3線
●主幹:中性線欠相保護付漏電ブレーカABF型 3P2E ELB
●EV・PHEV充電回路用:コンパクト漏電ブレーカSHE型 20A
●エコキュート用ブレーカ容量(A):20
●EV・PHEV充電回路:主幹ブレーカ2次送り搭載
●回路数+回路スペース数:30+3
●分岐電流センサ数:35
●主幹容量(A):75
《分岐》
・2P1E 20A:22
・2P2E 20A 100V:6
・2P2E 30A 200V:1
・ELB 2P2E 20A 15mA 200V:1
●アース端子実装数:12
●アース端子実装数:12
●盤定格(A):100
●ドア付
●材質:プラスチック製
●本体色:ホワイト(マンセル記号 10Y9/0.5)
●寸法(mm):縦340×横578×深さ124
●半埋込寸法(mm):縦325×横563×深さ30
●社団法人日本配線システム工業会 住宅用分電盤規格適合品

【ご注意】
※100V-200Vの切り替えは全回路可能です(200Vの場合、2P2Eブレーカをご使用ください)。
※埋込形は対応できません。
※リミッタースペースなしのエコキュート用ブレーカは40A(50A)への交換はできません。
※盤定格電流を超える主幹ブレーカは取り付ないでください。
※幹線は必ず主幹ブレーカ(リミッター)容量と1次送りブレーカ容量の和を基に、選定・施設してください。
※上記回路数とは別に、電源・CT接続ユニット用ブレーカ20Aを搭載しています。
※リミッタースペースなし EV・PHEV充電回路:主幹ブレーカ2次送り搭載品は、漏電時に主幹漏電ブレーカとの選択保護はできません。
※主幹CTは家全体を計測可能な幹線へ、特定CTは主幹ブレーカの1次側へ配置されているブレーカから負荷への配線へ取り付けてください。

送料無料!!!(一部地域を除く)
価格
67,676円 (税込) 送料無料
メーカー取り寄せ(1週間〜10日前後)
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先