2019-07-04
カテゴリトップ > 
【送料無料】 [2004] スクリーミング・イーグル カベルネ・ソーヴィニヨン
アメリカ / カリフォルニア / 赤ワイン
生産者スクリーミング・イーグル
Screaming Eagle
ヴィンテージ2004
ワイン名カベルネ・ソーヴィニヨン
Cabernet Sauvignon
容量750ml
解説パーカーポイント:97+
予想される飲み頃:NA

Aged 20 months in 72% new French oak, this blend of 85% Cabernet Sauvignon, 13% Merlot and 2% Cabernet Franc comes from a great vineyard on the valley floor in Oakville, just south of Rudd Estate and Plumpjack. The wine’s dense ruby/purple color is followed by a beautiful, Pauillac-like (think Pontet Canet or Mouton), ethereal perfume of creme de cassis, or as Michael Broadbent used to say, “celestial black currants,” full body, a velvety texture, fine tannins, a multidimensional mouthfeel, and a terrific finish. While there were no real surprises tasting this wine, I was somewhat intrigued by just how youthful the 2004 Screaming Eagle is showing. I had expected it to reveal slightly more evolution. I thought the 13% Merlot in the blend would push the evolution more quickly. The finish lasts for a full minute. As it has been in just about every vintage, the 2004 is a profound wine. It is for others to decide if it is overpriced, but this is undeniably a great wine that competes on the world stage with the best that exist.
(212, The Wine Advocate 30th Apr 2014)

【パーカーポイント97+点】
価格
448,000円 (税込 483,840 円) 送料無料
1〜2営業日以内に発送予定(日・祝日除く)
残りあと6個です
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • クール便

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先