2018-11-02
カテゴリトップ > 施設照明 > パナソニック > 非常照明
XLG422NENLE9
パナソニック Panasonic 施設照明 一体型LEDベースライト iDシリーズ 非常用照明器具 iスタイル W80 30分間タイプ 40形 定格出力型 Hf32形器具1灯相当 2500lm 昼白色 非調光
LED内蔵 電源ユニット内蔵
◆非常時本体組込LED点灯、常時ライトバー点灯
◆ランプ色温度:5000 K
◆幅:80 mm ◆長:1225 mm ◆高:53 mm
◆質量:1.9 kg
◆全光束:2500 lm
◆安定器出力型:定格出力型
◆安定器補足:<出力固定型>
◆電圧:100?242 V
◆消費電力:45.3 W
◆【本体】鋼板(白色粉体塗装)
◆【レンズ】ガラス
◆【ライトバー(カバー)】ポリカーボネート(乳白)
◆【蓄電池】ニッケル水素蓄電池
◆点検スイッチ付
◆充電モニタ(緑)付
◆自己点検スイッチ付
◆Ra83(常用光源)
◆Ra70(非常用光源)
◆非常灯評定番号:D-LALH-115
【交換電池】FK797
【リモコン】FSK90910K(別売)
◆大臣認定番号:LAE-0144
◆●水平天井取付専用
◆注)調光はできません。
◆注)器具エンドには電源穴がありません。
◆注)本器具は、パナソニック製iDシリーズ非常用照明器具本体とライトバーとの組み合わせで性能を満足します。本体・ライトバーの単独使用禁止およびパナソニック製iDシリーズ以外の商品とは組み合わせをしないでください。
◆注)本体・ライトバーは非常用照明器具専用となります。常用照明器具(一般タイプ)の本体・ライトバーとは組み合わせできません。
◆注)リニューアルの場合、現場の吊ボルトの長さをご確認お願いします。
◆注)本体取付方向により、非常用光源位置、ライトバーの開閉方向が決まります。詳細は承認図をご覧ください。
◆注)一般屋内用器具です。屋外環境(軒下など半屋外を含む)や腐食性ガスの発生する場所、太陽の光が直接器具に当たる場所では使用できません。
◆注)吊具をご使用の場合は、別途当社までご相談ください。
◆注)48時間充電してからお使いください。設置後は通電し、蓄電池を充電しないと非常点灯しません。
◆注)LEDにはバラツキがあるため、同一品番商品でも商品ごとに発光色、明るさが異なる場合があります。
【LED照明】 【LED直付一体型】 【ベースライト】 【直付】 【笠なし】 【40形1灯】 【定格出力】 【昼白色】 【非調光】
検索用カテゴリ379

取り寄せ
メール注意
電気工事
【4/1 0:00〜23:59 1日限定 エントリー+カード利用でポイント最大21倍セール開催!】
価格
37,544円 (税込 40,548 円) 送料無料
ポイントアップ2倍 810ポイント
※上記ポイント倍率には、スーパーポイントアッププログラム分は含まれておりません。
取寄品 メーカー在庫有の時 通常2〜5営業日
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先