2019-03-04
カテゴリトップ > パーツ > ハンドル > ミラー関連パーツ > ミラー
マジカルレーシング 汎用 NK-1ミラー・タイプ2ヘッド スーパーロングステム 綾織りカーボン製 ブラック 正ネジ8mm/正ネジ8mmマジカルレーシング
NK-1ミラー・タイプ2ヘッド スーパーロングステム
ヘッド素材:綾織りカーボン製 ステムカラー:ブラック タイプ:正ネジ8mm/正ネジ8mm
メーカー品番:A01-TWNK-R1802

●ヘッドタイプ
【タイプ2ヘッド】
上下方向の視界の広さに優れるタイプです。スタイリッシュな形状がポイントです。

●ステムタイプ
スーパーロングステム

●仕様
【平織りカーボン】
縦糸と横糸が交互に編み込まれており、光の反射によりちょうどチェッカーフラッグのような模様になります。

【綾織りカーボン】
光の反射で平織りカーボンよりも立体的な形状に見え、スポーティーな雰囲気を演出します。

【Gシルバー】
グラフファイバー製の素材で編み込まれており、独特の光沢を楽しむことが出来ます。

●特徴
■新設計のミラーマウント部分はミラー調整の幅を大きく拡大。さらに細かい位置設定が可能となりました。さらにマウント部品が別パーツですので、様々なミラー形状をカスタマイズでできます。
■マウント部品は正ネジ10mm、逆ネジ10mm、正ネジ8mm、逆ネジ8mmのボルト設定があり、様々なバイクに装着する事が可能となっています。

●備考
今までの一体型ステーを廃止し、レーサーレプリカミラーのステーを使用することで、長さのバリエーションが増えるとともに、エルボーステムと組み合わせる事で角度の調整も可能になりました。
また、レーサーレプリカミラーと同じように、ミラーのステーをチョイスでき、お好みの長さのネイキッドミラーをカスタマイズする事が可能です。
正ネジ10mm、逆ネジ10mm、正ネジ8mm、逆ネジ8mmのボルト設定があります。

●ご注意
※2007年度より、保安基準が改正されました。マジカルレーシング社で販売していますレーサーレプリカミラー、タイプ1・タイプ2・タイプ3、エアロミラー全ての商品は、2004年12月31日以前に型式認定された国産車、輸入車には適用されませんので継続してご使用になれます。なお、2005年1月1日以降に型式認定された車両につきましては新基準に対応している「タイプ2」または「タイプ4」「タイプ5」「タイプ6」をお勧めいたします。

●写真注意
※画像はイメージです。商品の仕様については、ヘッド・ステム・マウント・取付ネジそれぞれの内容をご確認下さい。

車種年式型式・フレームNo.その他
汎用

※その他の適合車種については、メーカーサイトなどをご覧ください。

マジカルレーシング Magical Racing ミラー関連パーツ ハンドル
価格
33,215円 (税込 35,872 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
取寄※在庫があれば2-3営業日で発送
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先