2020-03-25
カテゴリトップ>メーカー別>ア行3>ACRE(アクレ)>ブレーキパッド>フォーミュラ700C
[ACRE] アクレ カスタムキャリパー用 ブレーキパッド フォーミュラ700C ap 6pot CP6060/CP6160/ D54 ※代引不可 ※北海道・沖縄・離島は送料2160円
メーカー品番F7-RP024
材質カーボングラファイトメタリック CARBON METALLIC
温度域常温〜700℃
摩擦係数0.35〜0.58
商品内容左右2枚 1セット
パッドの厚み25mm
備考ap 6pot CP6060/CP6160/ D54

注意事項※ お客様の見落としや確認ミスでのキャンセル・交換・返品は一切お受けできません。
※ メーカーから直送商品の為、代金引換のご注文はキャンセルさせて頂きます。
※ 商品画像は代表車種の物です。車種毎に形状は異なります。
※ 適合情報は随時更新しておりますが、告知なくメーカー側にて更新される場合がございますので、必ずご注文前にメーカーホームページにて最新の適合表をご確認頂ますようお願い致します。※ ブレーキシステムは重要保安部品です。分解・整備は認証工場または整備工場で行ってください。
製品の仕様や価格の変更、製造及び販売を予告無く中止する場合がございます。
車種別に専用設計品の為、適合車種の情報に全て一致しなければ装着できません。

納期についてこちらの商品はお取り寄せになります。
メーカー在庫あれば2〜3日後出荷、メーカー在庫切れの場合は場合によっては2週間〜数ヶ月お時間を頂く場合もございます。
お急ぎの場合はご注文前に必ずメールにて在庫確認をお願い致します。
納期が遅い等によるキャンセルは一切お受けできません。

Custom Racing Caliper Formula700C


フォーミュラ・アクレを進化し、コントロール性に特化する事でストリートでの扱い易さを追及しました。それはローター適正温度を800℃から700℃に下げる事で実現しました。フォーミュラ700Cはブレーキパッドの摩擦材に含有するカーボングラファイトによりローター表面にカーボン皮膜を形成する為にローターへの攻撃性を低減し、中高温度域でのストッピングパワーとコントロール性の高さを高次元でバランスさせました。
また、天候に左右される事無くウェット路面でのブレーキングにも低温度域から低い摩擦係数を発生させる事で、ドライバーのシビアなペダルワークにも的確に応答できる事でコントロール性の高さを実現し、コントロール性を向上させる事でローターへの攻撃性の低減にも役立っています。
ストリートでの扱い易さを追及
価格
30,680円 (税込33,134 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
送料  
厚さ  
※お支払い方法に代金引換はご利用頂けません。  
メーカー直送2〜3日(欠品時除く) ※代引×
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先