2020-01-10
カテゴリトップ>カテゴリ一覧>キッチン>食器&カトラリー>お椀
【津軽塗 ななこ塗】 合鹿椀 ななこ 【黒/赤黒/ねずみ/IO-014】 青森県 弘前市 伝統工芸品 イシオカ工芸 天然木 漆器 お椀 木製 津軽塗り ギフト プレゼント




津軽塗の特徴
津軽塗の特徴は、つくりが硬く大変丈夫で実用性に富んでいると同時に、非常に優美な外見を持つ、というところにあります。
津軽塗で用いられる「研ぎ出し変わり塗り」という技法は、幾重にも塗り重ねた漆を平滑に研ぎ出して模様を表す方法で、この繰り返しに数十回の工程、二か月以上の日数を費やし、複雑で美しい漆模様と、頑丈でしっかりした触感が得られています。




津軽塗とは
弘前市を中心に、青森県津軽地方で生産される伝統漆器です。
漆器としては、福島県の会津塗や石川県の輪島塗と並んで、全国で初めて経済産業大臣指定伝統的工芸品に選出されました(1975年)。
また、現在に至るまで青森県では唯一の同大臣指定伝統的工芸品でもあります。
まさに、青森県を代表する伝統工芸品であると言えるでしょう。

先人の伝統、三〇〇年以上の歴史を受け継ぐ「津軽塗」。
そんな津軽塗には現在、「唐塗」「ななこ塗」「紋紗塗」「錦塗」の四つの技法が遺され、今なお精巧で堅牢な器が、若い職人たちによって生み出されています。
東北の片隅にひっそりと、しかし力強く生き残ってきた「本物の漆器」の味わいを、ぜひ手にとってお確かめ下さい。



七々子塗(ななこぬり)
ななこ塗は“研ぎ出し変わり塗り”の技法の一種で、その特徴は、模様をつけるために菜の花の種を蒔き付けるところです。
魚の卵(ななこ)を思わせる江戸小紋風の粋な塗りで、刷毛塗りした漆の濡れ塗膜に菜種を蒔き付け、地の色となる漆を塗り込み、研ぎ出すと小さな輪文が現れます。









商品の情報・詳細
商品名合鹿椀 ななこ
素材天然木
寸法(約)130×100mm
種類津軽塗
塗種類ななこ塗

●漆塗膜の特徴
・適度な湿気を好む
・乾燥し過ぎると表面にヒビが入る場合がある
・直射日光/紫外線/摩擦/急激な温度変化などには弱い
・堅い繊維類やスチール製のタワシなどでこすると、表面に傷がつくことがある
・漆塗膜には水が出入りする性質があるため、長時間水の中に放置しておくと、布で拭いても水分が取りきれず、水分の形ができる。
・新品の漆器には、特有の臭いがある。気になる場合、少量の酢を加えた米のとぎ汁でやわらかい布に付けて拭き、そのあとぬるま湯で洗うと臭いが消える。

●手入れ法
1.ぬるま湯に浸した柔らかく清潔な木綿布(ガーゼなど)をきつく絞り、湿った状態にする。
2.湿った布で、津軽塗全体をていねいに拭く。汚れがひどい場合は、湿った布に食器用洗剤を数滴たらす。
3.室内に数分、放置して乾かす。食器洗浄機、ドライヤーやストーブなどの機器は使用しないこと。
4.洗剤の使用も可能。洗剤を使用した場合は、水滴をつけたままにせず、乾いた布で、ていねいに拭く。

●保存法
・明るい場所を避けて保存する。
・年に数回しか使用しない器類は、和紙に包んで保存する。
・長期間、乾燥した場所には置かず、ときどき外部の湿気を与える。

先人より受け継いだ津軽伝統の漆塗。東北の片隅にひっそりと、しかし力強く生き残ってきた「本物の漆器」の味わいを、ぜひ手にとってお確かめ下さい。
価格
32,400円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
お取り寄せ 通常2〜10日営業日内に発送予定▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
種類
赤黒ねずみ
×・・・売り切れ
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先