2020-02-03
カテゴリトップ > ■ブランド別一覧 > 陶磁器・陶器 > ロイヤル・コペンハーゲン(デンマーク) > コーヒーカップ&ソーサー
ロイヤルコペンハーゲン (Royal Copenhagen) ブルー フルーテッド ハーフレース コーヒーカップ&ソーサー 170cc 1102071 ペア ロイヤル・コペンハーゲン 北欧 ティーカップ カップアンドソーサー 引き出物 結婚祝い 食器











こちらは、ペアセットとなります。

ロイヤルコペンハーゲンといえば、ただちにブルーフルーテッドの模様を思い描く人が多いに違いありません。1775年以来、作り続けられているロングセラーです。「フルーテッド」とは縦じまのこと。縁の処理の違いにより、ブルーフルーテッドには3種類のバリエーションがあります。エンボス加工(浮き彫り)が施されているのがこのシリーズで、「ハーフレース」と呼ばれています。涼しげで、まるで霧を含んだように見えるやわらかな発色が魅力的です。
青と白の世界に吸い寄せられそうになる、デンマークの陶磁器メーカー「ロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen)」。1770年代初め、科学者ミューラーの手によってデンマーク初の磁器焼成に成功し、その歴史は始まりました。素焼きの器に色を付け、上薬をかけて高温で焼き上げる「アンダーグレース技法」の陶器を手がけ、それらは19世紀のヨーロッパの上流階級の人々に愛用され、広く知られるようになりました。その後デンマーク王室の暖かな加護を受けて育ちました。
それぞれの時代を反映しながら創り出されてきたロイヤルコペンハーゲンの製品は、長年培われた最高の工芸技術で今も伝えられております。日本の有田焼の影響もあり、コペンハーゲンの伝統であるコバルトブルーの唐草模様は繊細で格調高い職人達の心意気を強く感じます。
ロイヤルコペンハーゲンのフィギュリンは、長い歴史があります。1889年に最初のフィギュリンがパリの万博公園で発表されて以来、熟練の職人たちによるクラフトマンシップに支えられて、現在まで変わらぬ技法で制作され続けています。伝統を受け継ぎながら、毎年新たなフィギュリンが発表されております。また、その心温まる表情・しぐさには定評があります。
「ロイヤルコペンハーゲン 商品のご購入に関するお願い」
以下の点につきまして、予めご了承くださいませ。
・色味について
色味は、濃さが1点1点異なります。つきましては、HP上でご紹介しております商品とお届けする商品の色味が異なります。
色の濃淡によるご交換・ご返品はお受け出来ません。
・バックスタンプについて
バックスタンプのデザインは製造時期により商品画像と異なる場合がございます。
・製造国について
フローラダニカシリーズ以外の商品は2010年以降順次デンマーク国外での生産に移行されております。
・フィギュリンにつきましては、同じ商品であってもひとつひとつ異なった表情をしております。

商品詳細
ブランドロイヤル・コペンハーゲン(デンマーク)
シリーズブルー フルーテッド ハーフレース
アイテムコーヒーカップ&ソーサー
サイズ口径7.5cm 横幅9.5cm 高さ6.5cm ソーサー直径13.5cm 170cc
金額詳細
価格
43,200円(税込)
ブランドボックスはありません。
※商品名にプレート立て付などの表記がない場合は、付属品は別売となります。
※商品の価格は実店舗と異なる場合があります。
※販売価格は予告なく変更される場合がございます。




関連キーワード:
ロイヤルコペンハーゲン ロイヤル・コペンハーゲン 北欧 ブルー フルーテッド ハーフレース ティーカップ コーヒーカップ カップアンドソーサー 引き出物 結婚祝い 食器

 【エントリーでポイント19倍 8/4 20:00-8/9 1:59】ロイヤルコペンハーゲン ロイヤル・コペンハーゲン 北欧 ブルー フルーテッド ハーフレース ティーカップ 引き出物
価格
43,200円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
完売御礼

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先