2019-06-15
カテゴリトップ > BRANDS (ブランド別)/A-Z > CHEANEY (チーニー)
【JOSEPH CHEANEY/ジョセフチーニー】
BUCKINGHAM/バッキンガム(オークバークソール,カーフ)
【送料無料】
(メンズ 革靴 チーニー インペリアル ストレートチップ グッドイヤーウェルト)
:BRITSH MADE ブリティッシュメイド
【英国製】【国内正規代理店】

アイテム詳細

素材ハイグレードレザー、オークバークソール
生産国英国製
UK JPN US EU
6.0 24.5 6.5 40.0
6.5 25.0 7.0 40H
7.0 25.5 7.5 41.0
7.5 26.0 8.0 41H
8.0 26.5 8.5 42.0
8.5 27.0 9.0 42H

アイテム説明

グットイヤー・ウェルト・シューズの生産地として名高い英国ノーサンプトンにて、伝統的な製法、技術により靴をつくり続けるチーニーのメンズコレクション。
「Purely Made in England」というポリシーを掲げるジョセフチーニーより、インペリアルコレクションが入荷しました。
こちらはビスポークの雰囲気を感じさせるジョセフチーニーのトップモデルとなっており、英国のクラフトマンシップをたっぷりとご堪能いただける逸品です。

・仕様:ヒドゥンチャネル/半カラス仕上げ/フィドルバック
アッパーとソールの出し縫い糸を隠すヒドゥンチャネル仕様により、ソールのかたちに沿う様に縫われている出し縫い糸がなく、すっきりと洗練された仕上がりに。
地面に接しない土踏まず部分を黒くした半カラス仕上げも相まって、英国の高級靴としての品格をしっかり備えています。
さらに、土踏まずのセンターに見られる山形形状のシャープなIラインは、ビスポーク靴に見られるフィドルバックを採用しており、既製靴では珍しいエレガントな仕上がりとなっています。

・ラスト:208
ラストにはインペリアルコレクション専用ラスト208を採用。 ほっそりとシャープで、ややロングノーズ気味のラストには、英国靴伝統のエッグトゥが採用されています。
足元を縦長にみせつつバランスよくまとまっています。

・アッパー素材:ハイグレードレザー
インペリアル専用のレザーを使用。ジョセフチーニーの他のコレクションでは使われていない、非常にクオリティの高いハイグレードのレザーを採用しています。

・ソール素材:オークバーク
アウトソールには樫の木をベジタブルタンニンなめしをしたオークバークソールを採用。
表面が堅く、ソールのすり減りが比較的少ない素材です。

◆フィッティング
F FITTING

※実店舗でも同じ商品の販売を承っております。
在庫更新のタイミングにより、完売となってしまう場合がございます。
予めご了承下さい。





よりエレガントに、よりハイエンドに仕上げられたシューズの為の木型

インペリアルコレクションでは全てラスト208を採用。
程よい長さのロングノーズシルエットにバランスの良い甲の高さ、イギリスの伝統らしさが光るやや膨らみのあるエッグトゥ。
それでいて絶妙にシェイプが利いた幅から得られる総合的なフィット感は、チーニーの中でも格別タイトフィットな仕上がり。
足に吸い付くような至高のフィット感が得られます。


左がラスト208、右がラスト125。2つ並べてみると一目瞭然。如何にシャープ、ドレスに仕上げているかが分かる。

とことんドレッシー、エレガントさを重視した極上の木型は他のラストと比較するとそのスタイリッシュさがよくわかります。
現代人の足に合わせたFウィズを採用していますが、全体的に細身に仕上げたこの木型では体感的にEフィットにも感じます。
せり出しの少ない小振りなヒールカップで足回りのホールド感も確保。
こうして眺めるだけでも、この木型がなぜ“IMPERIAL/インペリアル”と冠するハイエンドコレクションに採用されるかが理解できます。

既成靴では滅多にお目にかかれないビスポーク仕立て

レギュラーモデルとの最大の違いは、既成靴ではまず採用されない仕様があらゆる場所で見受けられること。
裏返してアウトソールを見てみると、まず目に入るのは美しいフィドルバック、くびれが際立つベヴェルドウエスト。
まるでピスポークシューズを彷彿させる高級感ある仕上がりです。
また、接地面に触れない土踏まず部分を半カラス仕上げにすることで履き込んでいった際にも綺羅びやかさを損ないません。


縫い目をアウトソールに見せないヒドゥンチャネル、インチャネル(伏せ縫い)を採用し、よりドレッシーさに拘っている事が伺えます。
見た目も美しいこの仕様は、ソールを縫いつける前に、周囲を薄くスライスしドブを伏せて接着することで、縫い目を隠す職人技。
高級ピスポークシューズに見受けられる仕様は非常に手間が掛かるもの。この点からもチーニーの本気を感じ取ることができます。
アウトソール素材にオークバークを採用している点もピスポーク仕様を語る上では見逃せません。
樫の木の樹脂から抽出したタンニンを時間を掛けて丁寧に鞣すことで、しなやかさと優れた耐久性が生まれます。
屈強性に富んだソールは、摩擦にも強くすり減りが少ないのがポイントです。


ライニングには手書きでモデル、サイズ、ウィズが記載されたウィンドウ(小窓)が施され、細かな意匠が高級感を漂わせます。
レザーを張り付ける工程にさらに一手間を加えるという徹底的な拘りよう。
また、タンの取り付けに関しては足入れを考慮してワンピース(一枚革)を使用しています。
さらにアッパー素材もインペリアルコレクション専用のハイエンドカーフを採用。 素材、技術力、共に一級品。
この価格帯でこのクオリティを堪能できるのはチーニーだからこその魅力です。

現存するモデルとは一線を画する究極のキャップトゥ

ドレス、フォーマルスタイルを飾る上で不可欠なキャップトゥ。
シンプルなだけに最も違いが感じ取れるモデルでもあります。
インペリアルコレクションのBUCKINGHAM/バッキンガムは、細身の木型に加え装飾感を一切省くことで、より洗練されたエレガントな1足へと昇華。
丸コバ処理、ステッチの開始点を深くするなど、更にドレッシーに見せるための意匠が随所に加えられています。
究極のオックスフォードシューズをお探しの方にぜひ。


コバを見えにくく処理する事で、よりシャープな印象を与える。高度な技術を持つ職人ならではの技術。


ステッチの開始点を深くすることで、縦のラインが強調される。

ジョセフ チーニー

JOSEPH CHEANEY / ジョセフチーニー
靴の聖地と謳われるイギリス、ノーザンプトン。1886年の創業からその地にて英国式の本格革靴を作り続けてきたジョセフ チーニー(以下:チーニー)。
ファッションが時代とともに変遷しようとも、紳士の足元を飾るのは常にトラッドスタイルの革靴であることに変わりはない。
なかでもチーニーは伝統的なグッドイヤー製法を守りつつ、時代に即したエッセンスを取り入れる名手。古くて新しい、そして長年愛用できる魅力に満ちた靴を作り続ける“進化する老舗”なのだ。

ジョセフ チーニー

1886年、英国靴の聖地にて創業
日本で伊藤博文が初代総理大臣の任に就いたその翌年。1886年に英国にてチーニーは誕生する。
創業地であるノーザンプトンはその昔から豊富に革材が得られる土地ということもあり、1600年代から革靴が作られていたという。職人であったジョセフ・チーニーは、そんなノーザンプトンのデズバラーにブランドのオリジンとなる「J.Cheaney,Boot&Shoemakers」を設立。
そして1896年には工場を同じデズバラーの現在の場所に移すこととなる。以来、革材をカットする工程からグッドイヤー式の底付けなどを含む縫製、最終的なポリッシングに至るまで、一貫してひとつの工場にて行うスタイルを堅持している。
グローバル化が進んだ昨今では、手間の掛かるアッパー製作をアジアで行い、ソールの縫い付けや仕上げなどをノーザンプトンで行うメーカーもあるという。しかしチーニーは創業以来変わらず熟練職人による自社一貫生産を行い、「Purely Made in England」を続けており、本当の意味での英国靴ブランドなのである。
チーニーサイズチャート

BRITISH MADEの商品は、当ショップのガイドに沿って採寸しご案内差し上げています。
測定したサイズとお求めとなる商品サイズを照らしあわせて、お客様がご希望のものをご確認ください。
現在ご愛用のアイテムや目安の数字などをご参考にお選び下さい。

※実店舗でも同じ商品の販売を承っております。在庫更新のタイミングにより、完売となってしまう場合がございます。予めご了承下さい。
その他注意事項
・パソコンのモニターの特性や環境設定により、画面上表示される色が若干異なって見える場合がございます。
・その他、ご不明な点は、ご購入前にお問合わせください。

【CHEANEY MEN'S】

こちら商品ページよりご覧いただけます。

【英国製】【国内正規代理店】
価格
99,000円 (税込 106,920 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
カラー × サイズ
  BLACK
UK6.5 (約25.0cm)
UK7.0 (約25.5cm)
UK7.5 (約26.0cm)
UK8.0 (約26.5cm)
UK8.5 (約27.0cm)
UK6.0 (約24.5cm)
×・・・SOLD OUT
ギフトラッピング   
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先