2019-11-18

ハミルトン ジャズマスターシリーズ Hamilton
オートクロノ Jazzmaster Auto Chrono
H32606185
正規品 機械式(自動巻き) 腕時計
ギフト対応


話題の新開発ハミルトン専用ムーブメント搭載のクロノグラフ

搭載されているのは、グループ傘下のETA社がハミルトンのために開発したエクスクルーシブ(専用)ムーブメント。6時上に「Power reserve 60h」とあるように、通常の自動巻きムーブメントのパワーリザーブが40時間前後であるのに対し、このムーブメントはパワーリザーブ60時間。

毎日使っていたらどちらも止まることはないのですが、例えば2日間(48時間)腕に着けずに静止状態であれば通常のムーブメントはパワーリザーブがゼロになり、時間合わせが必要となります。
しかし、この新ムーブメントであればまだ駆動しているはず。20時間の差は大きいのです。

また、デザイン的にも汎用ムーブメント、バルジュー7750搭載のクロノグラフのレイアウトを見慣れた方にとっては「二つ目クロノ」は新鮮であり、また懐かしくもあるでしょう。プッシュボタンなどの現代的な要素と、くさび型のインデックスや二つ目のレイアウトなど伝統的な要素が見事に調和しています。


HAMILTON Jazzmaster Auto Chrono-H32606185-

ムーブメント:H31(自動巻き)
ケース:ステンレススチール 
風防:サファイアクリスタルガラス
サイズ(ケース径):42mm 
ブレスレット:ステンレススチール 
防水:10気圧防水
クロノグラフ(30分積算計) 


−ハミルトンエクスクルーシブの新ムーブメント、H31−
ハミルトンとグループ傘下のムーブメントメーカーETA社が共同開発した新ムーブメント。安定した性能で定評あるバルジュー7753をベースに、香箱とぜんまいの改良によりパワーリザーブは最大60時間に延長。姿勢差における安定性も改善し、精度を向上させている。
さらに装飾可能なスペースが拡大したブリッジにはHamiltonの“H”のモノグラムがあしらわれ、側面には誇らしげに「エクスクルーシブ(専用)キャリバーH31」の文字が刻印されている。この時計は「横目」のクロノグラフだが、同時に開発されたH21は「縦目」のクロノグラフに搭載される。


*シルバーダイアル×レザーストラップ(ブラウン)はこちら。


*ブラックダイアル×レザーストラップ(ブラック)はこちら。



■ブレスレット調節について

こちらはブレスレットの腕時計になります。
この時計に限りませんが、ブレスレットタイプの時計の場合、
最初はかなり長めのブレスレットが付いており、
お手回りに合わせて必要なコマを外して(短くして)
お渡ししております。

あらかじめご希望のサイズをお知らせいただければ、
極力ご希望のサイズにお合わせした上で、発送いたします。
(ただしコマ単位で外すことになりますので、ミリ単位まで
あわせることは難しい点はご了解ください。)

サイズ調節をご希望の場合、ご注文時、もしくは発送前にメールにて
ご指示ください。。
ご注文時にご指定いただければ発送日に影響はございませんが、
後日ご指定の場合は発送が1日遅くなる場合もございます。
また、発送後のサイズ調節につきましては、ご返送-再発送の送料は
お客様のご負担となります。

お手周りのサイズの測り方はこちら



HAMILTON 歴代モデルのエピソードが、アメリカの歴史そのものになっています。

価格
195,000円 (税込210,600 円)送料無料
2〜3営業日以内に発送(休業日を除く)
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • コンビニ受取
ラッピング選択可

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先