2018-11-28
カテゴリトップ > メンズ アイテム カテゴリー > シューズ > エンジニアブーツ
RED WING(レッドウイング)■中古(USED)■メンズ■1968年製ホースハイドHOSE HIDE)#3065 ENGINEER BOOTS(エンジニアブーツ) ビンテージVINTAGE■サイズUS 9D(26.5-27cm)
DETAILS
BRAND RED WING(レッドウイング)
MODEL #3065 ENGINEER BOOTS(エンジニアブーツ)
MATERIAL ホースハイドレザー
COLOR ブラウン
SOLE 純正ソール
ACCESSORIES 付属品なし
(箱は付属致しません。)
CONDITION ビンテージ品となりますのでスレ、キズ、よごれがございます。ビンテージコンディションをご理解下さい。左足のストラップにリペア跡がございます。写真を参考にして下さい。見落としがある場合がございます。その点もあわせてご理解下さい。

現行の商品と違い、大変肉厚で、まだまだ問題なく履いて頂けます。この年代の商品では、状態は良いほうだとおもいます。ソールの減りはほとんどございません。
SIZE US 9D(日本サイズ約26.5-27cm相当)

アウトソール約30.3cm,横幅の最大幅約10.7cm,インナー約27.2cm,高さ44cm(ヒール含む)




当店スタッフのサイズ感です。
普段アメリカ製ブーツで8.5E-9Dを履くものでジャストでした。
STAFF COMMENT RED WING(レッドウイング)エンジニアブーツです。
アメリカ買い付け品です。インナーの刻印から品番は#3065,製作年代は1968年になります。素材はホースハイドとなり、現行の商品と比べると比べ物にならない肉厚、重厚感があります。ソールの減りも大変少ないですが、この先減ってもソールを交換する事でまだまだ長く履いて頂けます。鈍く光るゴールドのローラーバックルが最高に素敵なブーツです。レッドウイングは、アメリカでも80年代より前のエンジニアが滅多に見つかりません。探されている方は是非この機会に検討下さい。
ABOUT THIS BRAND 1905年、アメリカミネソタ州のレッドウィングという街で、チャールズ・ベックマンが14人の仲間と共に「Red Wing Shoe Company」という名の小さな工場を設立。現在でも、アメリカ国内での生産にこだわり、本格的な作りに相反した控えめの値段設定などの条件が重なり、世界中のワークブーツを代表するブランドへと成長した。現在では、赤い羽根がロゴマークとして用いられている。日本では、レッドウィングジャパン (Red Wing Japan) が輸入や企画・生産などを執り行っており、アメリカのレッドウィング社とは型番やモデルが違うものとなっている。
ATTENTION ※サイズは複数計測して平均値を出しておりますが、多少誤差が生じる事がございます。ご理解下さい。
※サイズがご不明な場合はオーダー前にお問合せください。
※お客様のPC環境により、商品画像と実際とでは若干色が異なる場合があります。
※色ムラのの発生や色落ちの原因となりますので、濡れたまま放置しないでください。また、摩擦による衣服などへの色移りにご注意ください。








【海外直輸入USED品】【送料無料】
メーカー希望小売価格 オープン価格
価格
240,000円 (税込 259,200 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
1〜3日以内に発送予定▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
SIZE × COLOR
  サイズUS 9D
ブラウン11〜3日以内に発送予定
×・・・売り切れ
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先