2019-10-10
カテゴリトップ > その他
NITRO RACING ナイトロレーシング フロントフォーク OHLINS:オーリンズ RWU ExMパッケージ ラジアルマウントキャリパー仕様 XJR1300■商品番号
ROGXJ-F

■商品概要
・セット内容
・オーリンズ正立フロントフォークRWUType本体
・キャリパーサポート
・フロントフェンダー
・スタビライザー
・標準設定スプリングレート8.5N】mm
+20500円(税抜)でスプリングレートの変更ができます。その際は標準設定のスプリングと組み換え、組み換えられたスプリングは同梱して発送致します。
・フォーク長800mm

フォークカラー:ゴールド フォークスタビライザーカラー:ブラック フェンダー素材:FRP スプリングレート:9.0N/mm 使用するディスク径:320mm キャリパータイプ:ラジアルCNCキャリパー GP4 RX(P/No.220.B010.10) フェンダータイプ:レーシング フォーククランプカラー:ブラック


BremboラジアルCNCキャリパー GP4 RX(P/No.220.B010.10)はこちらから
BremboラジアルCNCキャリパー P4 30/34(P/No.220.A016.10)はこちらから
BremboラジアルMonoblockキャリパー P4 34(P/No.220.A397.10)はこちらから


■適合車種
▼YAMAHA
XJR1300

■詳細説明
オーリンズ「E×M」パッケージは、新型オーリンズ正立Φ43RWUtypeフロントフォークに、NITRORACING製フロントフェンダーKITと、SANCTUARYメカニックブランド製ラジアルマウントキャリパーサポートKITが付属されているUPグレード仕様のパッケージです。
オーリンズ正立Φ43フロントフォークに交換する際、ディスクローターをΦ310・Φ320に大径化し、108mmピッチフロント4POTラジアルマウントキャリパー等を組み付けたいといったケースにおいてボルトオン装着が可能です。
使用しない従来のノーマルフェンダーステーとノーマルキャリパーサポートをパッケージから外す事で無駄を省き、通常の合計定価より大きくプライスダウンしたお得なセットパッケージです。
●ディスクローターをφ310・φ320に大径化し、108mmピッチ系フロント4POTキャリパーを組み付けたいといったケースにおいてボルトオン装着が可能です。
●純正フロントフェンダーの取付を、より機能的でスタイリッシュにするスライドクランプ式天吊りフロントフェンダーKITを付属。
●使用しない従来のノーマルフェンダーステーとノーマルキャリパーサポートをパッケージから外すことで無駄を省き、通常合計定価より大きくプライスダウン。
●ラインナップはXJR1200/1300・ZRX1100/1200R・ZRX1200DAEG・ZEPHYR1100・GPZ900R(Ninja)

■注意点

※この商品にはディスローター及びキャリパーは付属しません。
※取り付けにあたり、φ320かφ310フロントディスクと108mmピッチフロント4POTラジアルマウントキャリパーが必要となります。
※こちらの商品はご注文いただいてからお届けまでにおおよそ1カ月半-2カ月のお時間を頂きます。ご了承ください。

【送料無料】サスペンション XJR1300 NITRO RACING ナイトロレーシング ROGXJ-F
当店通常価格343,980円 (税込)
価格
343,980円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
メーカー在庫確認後、発送日は別途ご連絡
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先