2018-11-07
カテゴリトップ > その他
RSR(RS-R/RS★R) 車高調 Best☆i推奨仕様 BIH678Mローダウンしても乗り心地が良い・・・
◆開発コンセプト
Best☆iは弊社車高調のフラッグシップモデルであるSuper☆iの開発で得られたノウハウや基本スペックを惜しみなく注ぎ込み開発された車高調です。
基本コンセプトやスペックはSuper☆iと同等としながらも、使用部品に量産品を用い、オイルもストリートユースで十分耐えうるレベルの物へと見直すなど、徹底したコスト削減などを図ることで、高品質を保ちつつ、よりお求め安い価格帯の製品となっています。
Lサイズミニバンからコンパクトまで、幅広いシチュエーションをカバーする車高調です。

【特徴】
◆Ti2000
ベストセラーの超軽量ヘタらないスプリング”Ti2000”を採用しました。各車種、3種類のバネレートを設定しているため(一部の車種は除きます)、オーダー時に自分好みの乗り心地を選択することができます。
使用する車高やステージに合わせたセッティング変更に応える為、推奨以外のレートも準備しました。(推奨以外のレートを選択した場合、カタログ表記より車高差が発生する場合があります。)
◆単筒式
特殊な形状にすることで高速ストロークにありがちな不快な突き上げ感をできるだけ緩和させています。本体は内径Φ40(※)スチールボディを採用しています。オイル量を十分に確保し放熱性に優れた単筒式ショックアブソーバーとなっています。(※ストラット式はΦ46)
◆アッパーマウント
スチールアッパーマウントを採用しています。(一部車種は純正アッパーを再使用)
ピロボール仕様はダイレクト感が増すものの作動音や振動が起こりやすいためにこれに匹敵する強靭なスチール材とし、専用ゴムブッシュマウントを採用しました。
また、ストラット車にはスラストベアリングを使用したマウントゴム方式の採用で異音屋振動の発生を防止しており、これらはステアリング操作時のレスポンスの格段な向上と快適な乗り心地にも貢献し、独自のキャンバー調整機能(一部車種を除く)を設けています。
◆全長調整式
Best☆iの基本コンセプト通り、走行性・乗り味・乗り心地にもっとも影響を与えるストローク量を確保し、”しなやかな足”となっています。ローダウンしてもストローク量自体は変化しないため、常に同じ乗り心地で安心していつものコーナーをクリアできます。また、ロックシートレスのロアシート採用により、従来のようなネジ同士の固着の心配もなく、スピーディーな調整が可能となっています。
◆減衰力調整
減衰力は伸縮同時36段調整を採用(一部車種を除く)。細かい調整幅を持たせることで狙い通りの減衰特性が設定可能です。車種ごとのクリック特性を持たせたSuper☆iとは異なり、汎用クリックを採用することでコストダウンに貢献しています。
◆オイル
オイルはストリートユースでも十分に効果を発揮するレベルのものを厳選。もちろん数々のテストを繰り返し、Best☆iの名に恥じない減衰特性を発揮するオイルです。


【適合】
車種:ホンダ オデッセイ
型式:RB2
エンジン型式:4WD/2400 NA
年式:15/10〜
備考:アブソルート AFS・オートレベライザー車可

 RSR(RS-R/RS★R) 車高調 Besti推奨仕様 BIH678M
価格
130,800円 (税込 141,264 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
2〜4営業日以内発送予定(欠品/完売時除)
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先