2019-07-11

Oリング パーフロ AS568-390(FFKM AS390)1個】フロロパワーFF オーリング(線径5.33mm×内径532.26mm×外径542.92mm)【桜シール Oリング】 *メール便(要選択)300円、3000円(税抜)以上は送料無料
◆ 商品説明 ◆
メーカー桜シール株式会社


パーフロ


フロロパワーFF
ゴムの種類FFKM】パーフルオロエラストマー
特性耐薬品性、耐熱性
硬度Hs80(タイプAデュロメータ硬さ)
黒色
使用温度0℃〜230℃(目安)
圧縮永久ひずみ率<16(%) (200℃×70h)
常態物性硬度Hs78(タイプAデュロメータ硬さ)
引張強さ>21.2(MPa)
伸び率>200(%)
引張応力100%時 >9.25(MPa)
老化試験
230℃×70時間
硬さ変化<+1
引張強さ変化率 <+3(%)
伸び変化率 <+5(%)



規格寸法


AS568-390
ARP568-390
AS568番390

線径W(φ) 5.33mm
内径ID(φ) 532.26mm
外径OD(φ) 542.92mm
航空宇宙規格として制定されたOリングのサイズ規格です。
納期こちらの商品は欠品中の可能性が有ります。
その場合は改めて納期等をご連絡いたします。
その他
  • 写真はイメージです。Oリングサイズ情報などをご確認下さい。
  • 物性値などの商品情報は測定値であり、保証値ではありません。
  • オゾン劣化など故障の原因になりますので、直射日光や蛍光灯といった光源を避けて保管して下さい。また、保管は専用梱包材のまま出来る限り密封状態を維持するようにして下さい。
  • 商品の性質上、ご注文後のキャンセルや返品はお受けしておりません。
  • 商品の選定は、お客様ご自身で行って頂きますよう、重ねてお願い致します。
  • 上記データの詳細や技術情報は、メーカーのWEBサイトをご確認下さい。
  • Oリング総合カタログなども参考にしてみて下さい。

Oリングとは、主にパッキンやガスケットとして使用されている機械部品の一種です。0リング、オーリング、オーリング、Oring、O-ring等とも呼ばれ、「材質」と「サイズ(寸法規格-呼び番号)」で表記されるのが一般的です。材質パーフロ、寸法規格AS568のOリング

[パーフロOリング, OR FP-FF AS568-390-N, FFKM-AS390, FFKM-AS-390, FFKM-AS568-390, パーフロロエラストマー]

 桜シールの高品質パーフロロゴムOリングを専門店の品揃えと価格で即納】FFKM(極めて優れた耐薬品性)AS568規格】メール便300円(要選択)、合計3000円以上で送料当社負担
価格
117,326円 (税込126,712 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
3〜5週間でお届け
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先