2019-09-06
カテゴリトップ>ベッド>サイズ>セミダブル
送料無料 ローベット フロアベット 木製 ベット ウォルナットブラウン デザインボードベット ボーナ

木脚タイプ
(フレーム:セミダブル)+(マットレス:セミダブル)
マットレスの種類:
スタンダードボンネルコイルマットレス付き
ベッドフレーム
【サイズ】
セミダブル:幅140×長さ201×高さ20cm
【床面までの高さ】
セミダブル:18cm
【材質】
フレーム:プリント化粧板、スチール ※スチール脚の場合
【生産国】
中国/ベトナム
【商品の特徴】
組立品
【組立情報】
※安全のため組立は大人2人以上で行ってください。※組み立て時間は約60分です。※プラスドライバーをご用意ください。
【注意情報】
※各サイズ・重量は概算になります。
※仕様・デザイン・梱包は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承下さい。
【梱包サイズ】
セミダブル:本体 横幅:123cm×高さ:15cm×奥行:45cm 30kg
セミダブル:ヘッドボード、フッドボード 横幅:123cm×高さ:15cm×奥行:45cm 20kg
セミダブル:脚 横幅:20cm×高さ:20cm×奥行:18cm 5kg

スタンダードボンネルコイルマットレス
【サイズ】
セミダブル:幅120×長さ195×高さ15cm
【その他サイズ情報】
セミダブル:コイル数:448
【材質】
コイル:線径2.2mmボンネルコイル、中材:ウレタン・フェルト、側地:ポリエステル(片面多針キルティング加工)
【生産国】
中国
【品質保証】
3年保証
【注意情報】
※ロールパッケージでお届けします。
※片面仕様ですので、裏面でお使いいただくと不織布が破れることがございます。ご注意ください。
※マットレスを長くご愛用いただくために、1〜3ヶ月に一度頭と足の位置を入れ替えることをおすすめします。
【梱包サイズ】
セミダブル:BCマットレス 横幅:35cm×高さ:35cm×奥行:121cm








































こちらは
(フレーム:セミダブル )+(マットレス:セミダブル)
マットレスの種類:
スタンダードボンネルコイルマットレスの販売ページです。

木製ベッド ベット ベッド マットレスセット ローベット フロアーベッド ロースタイル 低いベッド ベット 木製ベット 北欧 おしゃれ
価格
37,910円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
1〜2営業日後に出荷予定 店舗休業日を除く▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
フレームカラー×マットレスカラー
フレーム/ウォルナットブラウン
マットレス/ホワイト1〜2営業日後に出荷予定 店舗休業日を除く
マットレス/ブラック1〜2営業日後に出荷予定 店舗休業日を除く
○印にチェックを入れて下さい
この商品は、大型家具のため時間指定・夜間の配送がお受付出来ません。  
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先