2019-10-11
カテゴリトップ > ブランドで探す > ブランド2 > ヒューストン > スカジャン houston
泥棒日記 ヒューストン コラボ スカジャン 菊流れxスカル dw7420 黒x緑 新品

泥棒日記 ヒューストン コラボ スカジャン 菊流れxスカル dw7420

泥棒日記は「ハートインジャパン」を基本コンセプトに、エスニック・レゲエ・ポリネシアン等、 民族の匂いを感じるテイストを、「和」というフィルターを通して洋服に再現するブランドです。 HOUSTON(ヒューストン)は日本で初めてオリジナルのフライトジャケットを生み出し、 その後も数々の国内製ミリタリー商品を製造する老舗ミリタリーブランドです。 戦後の日本と共に歩み、昭和47年にHOUSTONブランドが誕生しました。 その徹底したブランドポリシーのためには商品開発は怠らず、 素材も自社で作るというこだわりで多くの人々を魅了してます。 そのHOUSTONと泥棒日記が、がっちりタッグを組み出来上がったコラボスカジャンです。 スカジャンは第2次世界大戦後間もない頃、横須賀米軍基地駐留のアメリカ軍兵士たちが、 記念として、鷲・虎・龍などのオリエンタル柄や自分の所属していた部隊や基地などの エンブレムをデザインしたものをテーラーショップにオーダーしたのが始まりとされてます。 最初期のものは、米兵が各々に持ち込んだ落下傘の生地(当時はシルク)を染色し、 ジャンパーに仕立てた後、刺繍職人が米兵希望の刺繍を施す完全オーダー品でした。 横須賀周辺に駐留したアメリカ軍兵士達がその自分のジャケットに和風の刺繍を入れてもらったのが、 スーベニアジャケットの始まりで、日本発祥の洋服とも言われています。 1960年代頃から、スーベニアジャケットはスカジャンと呼ばれるようになりました。 スカジャンの名前の由来は、「横須賀ジャンパー」の略が有力とされています。 現在ではファッションの象徴の一つとして、幅広い年代の方に愛用されています。 素材はレーヨン60%、綿40%のサテン生地です。 レーヨン特有のタラタラとした素材感と、独特の光沢感のある生地です。 リバーシブルのスカジャンで、表裏とも同素材のサテン生地です。 中綿は詰められていませんので、モコモコ感がなく、すっきりとした着用感になります。 衿と袖口と裾は、本体のサテン生地とは異なるライン入りリブ生地で切り替えられています。 柄は総刺繍で表現されています。 表面は富士山と菊流れの柄でスカジャンとしては渋めのデザインに仕上げらています。 裏面はスカルと百足(ムカデ)と桜の異色のコンビネーションで、 裏面もまた今までにない力強さとインパクトを兼ね備えたデザインです。 とってもかっこいい泥棒日記×ヒューストンコラボスカジャンです。 バイカーズ・ライダースにもおすすめです。 ※このスカジャンには独特の風合いをだすための加工がほどこされ、ビンテージ感が再現されています。 そのため刺繍には多少糸とび・糸切れも発生していますが意図的な加工ですのでご了承ください。

dorobo-nikki-rodeo-japan

zyakeltuto-rodeo-japan

suubenia-rodeo-japan

泥棒日記 ヒューストン コラボ スカジャン 菊流れxスカル dw7420

泥棒日記 ヒューストン コラボ スカジャン 菊流れxスカル dw7420

泥棒日記 ヒューストン コラボ スカジャン 菊流れxスカル dw7420

泥棒日記 ヒューストン コラボ スカジャン 菊流れxスカル dw7420

泥棒日記 ヒューストン コラボ スカジャン 菊流れxスカル dw7420

泥棒日記 ヒューストン コラボ スカジャン 菊流れxスカル dw7420

泥棒日記 ヒューストン コラボ スカジャン 菊流れxスカル dw7420

泥棒日記 ヒューストン コラボ スカジャン 菊流れxスカル dw7420

泥棒日記 ヒューストン コラボ スカジャン 菊流れxスカル dw7420

泥棒日記 ヒューストン コラボ スカジャン 菊流れxスカル dw7420

泥棒日記 ヒューストン コラボ スカジャン 菊流れxスカル dw7420

泥棒日記 ヒューストン コラボ スカジャン 菊流れxスカル dw7420

泥棒日記 ヒューストン コラボ スカジャン 菊流れxスカル dw7420

泥棒日記 ヒューストン コラボ スカジャン 菊流れxスカル dw7420

泥棒日記 ヒューストン コラボ スカジャン 菊流れxスカル dw7420

泥棒日記 ヒューストン コラボ スカジャン 菊流れxスカル dw7420

ブランド
泥棒日記 (どろぼうにっき ドロボウニッキ) by ジェムストーン x HOUSTON ヒューストン
商品名
【泥棒日記】× HOUSTON コラボスカジャン BLK×GRN
サテンxサテン リバーシブル スーベニアジャケット(スーベニールジャケット)
品番
dw7420
ブラック×グリーン
素材
表面:綿40% レーヨン60%
裏面:綿40% レーヨン60%
リブ付属:アクリル80% ウール20%
モデル・状態
新品です MADE IN CHINA(中国製)
お手入れ方法/洗濯表示
水洗いできません
塩素系漂白剤による漂白はできません。
アイロンは当て布をして120℃を限度として、低温(80℃〜120℃)でかけてください。
ドライクリーニングができます。溶剤は石油系を使用してください。
タンブラー乾燥はお避け下さい
商品説明
泥棒日記は「ハートインジャパン」を基本コンセプトに、エスニック・レゲエ・ポリネシアン等、
民族の匂いを感じるテイストを、「和」というフィルターを通して洋服に再現するブランドです。

HOUSTON(ヒューストン)は日本で初めてオリジナルのフライトジャケットを生み出し、
その後も数々の国内製ミリタリー商品を製造する老舗ミリタリーブランドです。
戦後の日本と共に歩み、昭和47年にHOUSTONブランドが誕生しました。
その徹底したブランドポリシーのためには商品開発は怠らず、
素材も自社で作るというこだわりで多くの人々を魅了してます。

そのHOUSTONと泥棒日記が、がっちりタッグを組み出来上がったコラボスカジャンです。

スカジャンは第2次世界大戦後間もない頃、横須賀米軍基地駐留のアメリカ軍兵士たちが、
記念として、鷲・虎・龍などのオリエンタル柄や自分の所属していた部隊や基地などの
エンブレムをデザインしたものをテーラーショップにオーダーしたのが始まりとされてます。
最初期のものは、米兵が各々に持ち込んだ落下傘の生地(当時はシルク)を染色し、
ジャンパーに仕立てた後、刺繍職人が米兵希望の刺繍を施す完全オーダー品でした。
横須賀周辺に駐留したアメリカ軍兵士達がその自分のジャケットに和風の刺繍を入れてもらったのが、
スーベニアジャケットの始まりで、日本発祥の洋服とも言われています。
1960年代頃から、スーベニアジャケットはスカジャンと呼ばれるようになりました。
スカジャンの名前の由来は、「横須賀ジャンパー」の略が有力とされています。
現在ではファッションの象徴の一つとして、幅広い年代の方に愛用されています。

素材はレーヨン60%、綿40%のサテン生地です。
レーヨン特有のタラタラとした素材感と、独特の光沢感のある生地です。

リバーシブルのスカジャンで、表裏とも同素材のサテン生地です。

中綿は詰められていませんので、モコモコ感がなく、すっきりとした着用感になります。

衿と袖口と裾は、本体のサテン生地とは異なるライン入りリブ生地で切り替えられています。

柄は総刺繍で表現されています。

表面は富士山と菊流れの柄でスカジャンとしては渋めのデザインに仕上げらています。

裏面はスカルと百足(ムカデ)と桜の異色のコンビネーションで、
裏面もまた今までにない力強さとインパクトを兼ね備えたデザインです。

とってもかっこいい泥棒日記×ヒューストンコラボスカジャンです。
バイカーズ・ライダースにもおすすめです。

※このスカジャンには独特の風合いをだすための加工がほどこされ、ビンテージ感が再現されています。
そのため刺繍には多少糸とび・糸切れも発生していますが意図的な加工ですのでご了承ください。

関連商品です
泥棒日記 一覧  HOUSTON ヒューストン 一覧  スカジャン 商品一覧
サイズ実寸 
サイズ実寸 身幅 着丈 袖丈 肩幅
メンズMサイズ 52cm 62cm 84cm -
メンズLサイズ 55cm 65cm 86cm -
メンズXLサイズ 58cm 67cm 88cm -
※ラグラン袖のため肩幅はありません。
その他
サイズ計測方法はこちらです ※若干の誤差はご了承ください。

※在庫は実店舗と共有していますので、リアルタイムにネット上に反映できないことがございます。
 ご注文を頂きました場合でも売り切れの場合がございます事をどうかご理解・ご了承くださいm(_ _)m。

※画像はブラウン管や液晶など見られる環境によって、
色目が異なって見えますことをご理解ご了承ください。

パインアベニュー洋品店トップページ

サイズ展開 【M】 【L】 【XL】

価格
29,800円 (税込 32,184 円) 送料無料
●送料無料です ●代引き手数料324円です
サイズ
メンズMサイズメンズLサイズメンズXLサイズ
×
通常1〜3営業日以内に発送予定
×
○・・・在庫がございます。×・・・売り切れです。m(_ _)m
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • 国際配送
  • コンビニ受取

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先