2020-02-07
カテゴリトップ > その他
【★IKEA/イケア★】BEKANT デスク バーチ材突き板/ホワイト/390.063.36※[ 商品の大きさ ]※
長さ: 120 cm
奥行き: 80 cm
高さ(最小): 65 cm
高さ(最大): 85 cm
最大荷重: 100 kg

※[ ご注意 ]※
この商品は組み立てが必要です

※[ 主な特徴 ]※
-10年品質保証。詳しくは「品質保証のご案内」をご覧ください
-体に合わせて脚の長さを65-85cmの間で調節できます
-テーブルトップは突き板仕上げ。丈夫で汚れに強く、お手入れも簡単です
-テーブルトップ裏側のケーブル用収納を利用すれば、デスクまわりがきれいにかたづきます
-広々とした作業スペース。奥行きがたっぷりあるので、パソコンモニターとの距離を十分にとれます
デザイナーからのメッセージ
BEKANT】ベカント シリーズをデザインしたときに私たちが目標としたのは、フレキシブルな使い方ができるデスクコンビネーションをつくることでした。それは、オフィスでの共同作業をラクにし、ミーティングを活発にし、クリエイティブなアイデアが自然と生まれるようなデスクコンビネーションです。デスクは形やサイズが豊富にそろっているので、ニーズに応じて単独でもいくつか組み合わせても使えます。また、いつでも手軽に追加したり、配置を替えたりできます。 BEKANT】ベカント シリーズはオフィス用家具の安全基準に準拠した品質テストをクリアしているので、あらゆるオフィスで活躍します。
デザイナー Karl MalmvallとEva Lilja Lowenhielm からのメッセージ

※[ パッケージの大きさと重さ ]※

※[ 環境保護に関する情報 ]※
テーブルトップ/下部フレーム テーブルトップ用:
この製品はリサイクルまたはエネルギーに再利用できます(お住まいの自治体によります)。

※[ 別売りの商品 ]※

※[ お役立ち情報 ]※

※[ お取り扱い上の注意】
石けん水を含ませた布で拭いてください
きれいな布でから拭きしてください

※[ 素材 & アイテムのサイズと重量 ]※
テーブルトップ:
パーティクルボード, バーチ材突き板, 透明アクリルラッカー, フォイル, 透明アクリルラッカー, ABS樹脂
下部フレーム テーブルトップ用:
構成比: ポリエステル 100%
脚/ 台枠/ 取付プレート: スチール, エポキシ/ポリエステル粉体塗装
足: アルミニウム, エポキシ/ポリエステル粉体塗装
ケーブルマネジメント: ステンレススチール, ポリエステル 30%, ゴム 70%

※ご購入の際には、下の2つのボタンからリンクするページを必ずお読みください。

    配送・お支払い    ご利用ガイド

※ご注意:ご注文完了時に、上の2つのボタンからリンクするページの全ての内容
       についてのご承諾を、予めお客様から得たものとさせて頂きます。





価格
32,020円 (税込) 送料別
最短:1日〜最長:7日以内にお届け
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先