2019-07-06

iiyama

AV・デジモノ iiyama 17型液晶ディスプレイ ProLiteT1731SR-W2(抵抗膜方式タッチパネル、ホワイト) T1731SR-W2

詳細画像や説明文は、ページ上部のPCボタンよりご確認くださいませ。

【梱包サイズ】:通常商品



■本商品のサイズ、色違い、関連商品はこちら



商品内容

●43cm(17型)スタンドタイプタッチパネル液晶ディスプレイ
●抵抗膜タッチ方式(RS232C、USB通信のコンボタイプ)
●ホワイトLEDバックライト搭載タッチ液晶
●ワイドレンジスタンドで上下の角度調節が自由自在
●いたずら防止のメニューロックモード搭載
●DVI-D端子、D-Subミニ15ピンの2系統入力
●防塵防滴 IP54対応(フロントキャブ部分)
●シングルタッチ



商品スペック

サイズ 17型
液晶パネルメーカー名 非公開
液晶パネル方式 TN
表示色 約1677万色
ピッチ 水平:0.264mm×垂直:0.264mm
走査周波数(水平) 31.5〜80kHz
走査周波数(垂直) 56〜75Hz
解像度 1280x1024ドット
輝度 200cd/m2
コントラスト比 1000:1(標準)
視野角 水平:170°垂直:160°
入力信号 セパレート同期:TTL、正極性/負極性
入力端子 D-SUB ミニ15ピンコネクタ、DVI-D 24ピンコネクタ、音声入力コネクタ:Φ3.5mmステレオミニジャック
ケーブル 電源コード(1.8m)、D-SUBケーブル(1.8m)、DVI-Dケーブル(1.8m)、RS232Cケーブル(1.8m)、USBケーブル(1.8m)、オーディオケーブル(1.8m)
アダプタ 内蔵
USB なし
スピーカー あり(1W×2)
適合規格 CE、TUV-Bauart、VCCI
プラグ アンド プレイ VESA DDC2BTM対応
本体サイズ(H×W×D) 342×387×201mm
本体重量 5.8kg(スタンドなし4.1kg)
電源 AC100〜240V 50/60Hz
最大消費電力 25W
最大消費電力(備考) 25W
CO2排出量 24.09kg/年
応答速度 5ms
本体カラー ピュアホワイト
タッチパネル方式 抵抗膜方式
出力端子 RS-232C、USB
光透過率 80%
グリーン購入法 対応
PCグリーンラベル 不適合
国際エネルギースター 未登録
GPN(グリーン購入ネットワーク) 未登録
エコリーフ 未登録
VCCI 対応
TCO 未対応
RoHS指令 対応
J-Moss 対応
その他環境及び安全規格 CE、TUV-Bauart
電波法備考 対象外
電気通信事業法備考 対象外
電気用品安全法備考 非対象理由:付属の電源コードは本製品専用であり、経済産業省で制定されている「汎用性がない」に該当する為、非対象となります。
標準消費電力 20W(最大25W)※USB/オーディオ周辺機器未接続時
スリープ時消費電力 2W(最大)※USB/オーディオ周辺機器未接続時
電源OFF時消費電力 -
その他節電関連 -
電波法 非対象
電気通信事業法 非対象
電気用品安全法 非対象
法規関連確認日 20140615



■本商品のサイズ、色違い、関連商品はこちら


[広告文責]有限会社ワイズギフト
【TEL】050-3736-2504

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先