2018-12-12

ANYS INTERNATIONAL VOLVO S80 AB イージーリップ プロ (幅広タイプ) 塗装済み
メーカーエニーズ インターナショナル
メーカーコードEZ1002
備考【イージーリップ】

■バンパーやスポイラーなどに両面テープで取り付ける、汎用リップスポイラー【イージーリップ】の幅広タイプです。
■柔らかいフォームラバー製で、車高ダウンのドレスアップ効果と同時に、バンパーやスポイラーを保護するプロテクターとして機能します。
■イージーリップは保安基準、及び車検対応品です。
■取り付けは、裏面の3M両面テープで直接貼り付けます。
■製品サイズ:259 cm

【注意事項】
※本製品は汎用品となります。車種専用設計ではありません。
※装着前に貼り付け面を綺麗に清掃・脱脂処理してください。
純正色でも、マジョーラ系のカラーは塗装をお受けできません。
塗装済み商品にはクリア塗装が含まれておりますが、通常のクリアになります。スクラッチシールドの様な、特殊クリア塗装はお受けできません。
ボンネット等、裏面の塗装は含まれておりません。
車種VOLVO S80 AB
AS商品コードany96821131d01
発注・納期について・発注の仕組み
 当店では、商品名中に【即納】【在庫処分品】表記のない商品は、注文後メーカーへ発注します。
 従いまして、商品によっては納期が長くなる場合がございます。

・納期について
【即納】【在庫処分品】: 概ね1週間以内
 それ以外のもの: 2週間以上

 ※発注後はキャンセルができません。
 ※注文を頂いた後、納期のご連絡をしております。
 ※納期確認後に注文を確定するかキャンセルするかを決定したい場合には、
  注文時に「納期連絡の際に希望されるご対応」から希望のものをお選びください。


キーワードvolvo s80 ab ボルボ ab5254 ab6304t ボルボエスハチジュウ VOLVOエスハチジュウ ボルボVOLVO S80 AB ボルボVOLVOS80AB VOLVOVOLVO S80 AB VOLVOVOLVOS80AB ボルボS80 VOLVOS80、ANYS INTERNATIONAL エニーズ・インターナショナル シュトロゼック STROSEK、front lip/フロントリップ/エアロ、エアロパーツ チューニングパーツ アフターパーツ AERO



VOLVO S80 AB イージーリップ プロ (幅広タイプ) 塗装済み

メーカー:エニーズ インターナショナル | ANYS INTERNATIONAL

【塗装済み】【VOLVO S80 AB フロントリップ】
価格
35,730円 (税込 38,588 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
ご注文後の連絡についてのご希望を選択下さい。   
連絡手段についてご希望を選択下さい。   
当社からのメールを読む事に   
在庫有の場合→1週間内外 無→2週間以上
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先