2019-11-23
カテゴリトップ>パーツ>タイヤ>オンロードタイヤ>オンロード・17インチ
ナンカン CB400スーパーフォア(CB400SF) 120/60ZR17 55W+160/60ZR17 70W WF-2 SPORTIACナンカン
120/60ZR17 55W+160/60ZR17 70W WF-2 SPORTIAC


●サイズ
リム幅 5.5 6 6.5

●仕様
フロントタイヤ:ハードコンパウンド60% ソフトコンパウンド40%
リアタイヤ:ハードコンパウンド20% ミディアムコンパウンド80%

●特徴
■『ROADIAC』は、長距離走行・ハードなデイリーユースなど、タフな環境でタイヤを酷使するライダーをターゲットとして開発された、高性能スポーツツーリングタイヤです。

■『JSB(ジョイントレス・スペース・ベルト)テクノロジー』と『Single Steel Winding(シングル・スチール・ワインディング)』採用により、アラミド繊維や他の繊維構造を採用したタイヤに比べ、高レベルの安定性、ハンドリング、剛性、温度コントロールを実現し、釘など異物が刺さりにくい安全性も確保しています。

『マルチトレッドコンパウンド』と前後タイヤで異なるプロファイルを持たせることで、安定性の高いハンドリングと耐久性・排水性を実現。

■『DESIGN』:フロントタイヤは、あらゆる路面状況で優れたハンドリングを実現するため、タイヤ中央に溝を刻んで排水性を上げることでハイドロプレーニング現象の発生を抑制し、V型トレッドが水を中央に導いて水の飛散を抑えます。
リアタイヤには安定性、快適性、ロングライフを確保するため、センターリブで快適性と安定したハンドリングを提供し、TDW(トレッド幅)を広くすることで耐久性を上げています。さらにアロー型パターンを刻むことで、コーナーリング性能と排水性を向上させています。

■『COMPOUND』:フロントタイヤはコーナーリングを安定させるためキャンバー角を大きめに取り、トレッドは、旋回時の接地面となる両サイドにグリップ力に優れたソフトコンパウンドを全トレッドの40%採用、センタートレッドには、直進時に抜群の耐久性を示すハードコンパウンドを採用しています。
リアタイヤはフラットな設計により接地面が広くなるため、トレッドには両サイド80%に高いグリップ力を得られるコンパウンドを、残り20%のセンター部分には硬めながら路面を確実に捉えるコンパウンドを採用しています。

●備考
CB400SF用前後セット。コストパフォーマンス抜群のナンカンスポーティアックスポーツラジアル。

●写真注意
※画像はイメージです。

車種年式型式・フレームNo.その他
CB400SF他

※その他の適合車種については、メーカーサイトなどをご覧ください。

ナンカン NANKANG オンロードタイヤ タイヤ
価格
28,992円 (税込31,311 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
取寄※在庫があれば2-3営業日で発送
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先