2019-11-14
カテゴリトップ > その他
[SALE価格]タイトリスト 913/915/917シリーズ ドライバー用 スリーブ付シャフト[ヘッド別売り] 三菱 KUROKAGE XT シリーズシャフト 特注カスタムクラブタイトリスト KUROKAGE クロカゲ XT 60 70 80 XT60 XT70 XT80 右用 左用 レフティー スリーブ付シャフト シャフト単品 Sure Fit TOUR シュアフィットツアー
メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載しています。

タイトリスト 913/915 ドライバー専用
スリーブ付シャフト、特注カスタム


910/913/915シリーズドライバー専用の
スリーブ付シャフトになります。
ヘッドは別売り

※915F/Fd、915H/Hd、913F/Fd、913H/Hdには互換性がないので、
こちらのスリーブ付シャフトはご利用頂けません。



●シュアフィット・ツアーシステム


シェアフィット・ツアーシステムはポジションによって
シャフトのロゴの位置が変わってきます。
タイトリストでは普段お使い、又は使用予定のポジションをご指定頂きますと
そのポジションに合った位置にシャフトロゴが来るように調整致します。



※ご指定頂いたポジションとは別のポジションにした場合、
場合によってはアドレス時にシャフトロゴが上面や側面になる事が御座います。
ご了承お願い申し上げます。


スリーブ形状が変更になりました
変更点
1:リングストッパーの形状変更
2:リングとスリーブに刻印されている文字色の変更

上記変更は、重量、調整角度等のスペックには影響が御座いません。
旧スリーブとの互換性も維持しております。
なお、913用SureFit Tour スリーブ付シャフトご注文におきましても、2014年11月14日以降のご注文に関しましては、全てこの新しいスリーブの装着となります。
予めご了承ください。



ご注文前に必ずお読み下さい
特注品につき代金先払いとさせて頂きます。
(クレジットカードの売り上げ請求は商品の発送後に行わせて頂きます)

●クレジット決済、●銀行振込み、●コンビニ決済のみとさせて頂きます。
(入金確認後のメーカー発注となります)
※代引き決済ではご注文は承れませんのでご注意下さい

●ご入金確認後のメーカー発注になります。
●特注品に付き、返品はお受け致しておりません。予めご了承下さい。
納期について
発売開始以降はご注文、決済が完了次第メーカーにオーダーを致します関係で、
決済完了後、2-3週間掛かります。予めご了承下さい。
パーツ欠品により、納期にお時間を頂く場合が御座います。
その際は必ずメールにてご連絡致します。
グリップ・ラインナップ


グリップ下巻き
通常(縦巻き1枚)、螺旋巻き、螺旋2重巻き、からお選び頂けます。
注意事項
※タイトリスト専用シャフトについては、先端カットでの対応となります。
※ページ掲載以外のシャフトの関しましては組立て対象シャフトとして
メーカー承認がされておらず、
 受注致しかねますのでご了承頂きます様お願い申し上げます。


特注カスタムはメーカー正規カスタムです
KUROKAGE クロカゲ XT 60 70 80 XT60 XT70 XT80 左用 レフティ スリーブ付シャフト シャフト単品 Sure Fit
メーカー希望小売価格45,000円 (税込 48,600 円)
価格
33,840円 (税込 36,547 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
シャフト-フレックス   
シャフトロゴ   
ヘッド装着時長さ   
グリップ   
グリップロゴ   
グリップ下巻   
装着ポジション-リング   
装着ポジション-スリーブ   
装着ヘッド   
※   
納期   
特注品につきご注文後、ご連絡致します
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先