2019-06-13

【本つづれ織元・白龍庵勝山】
特選西陣手織り爪掻き本綴れ袋帯
≪紫証紙逸品・ガード加工済≫
「六通道長琳派流水」
表:タテ絹100% ヨコ絹75% ポリエステル25%
裏:絹95% 指定外繊維(和紙)3% ポリエステル2%
※金・銀糸(箔)に純銀を使用しています。変質に注意してください。
西陣織工業組合証紙No.2527(紫証紙)白龍庵勝山
長さ4.35〜4.50m(お仕立て上がり時)
※長さご指定可能です。
ガード加工済
おすすめの帯芯:綿芯(帯地が薄いため綿芯仕立てもおすすめいたします)もしくは帯芯なし
太鼓柄
◆最適な着用時期 袷・単衣 <盛夏以外(6月末〜9月上旬以外)>

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年代は問いません。

◆着用シーン 入卒式、結婚式、披露宴、パーティー、音楽鑑賞、観劇、お食事会、付き添いなど

◆あわせる着物 黒留袖、色留袖、訪問着、付下げ、色無地など


西陣織工業組合の紫証紙。
なんと風格あることでしょう…
年々どんどん希少になりつつある「西陣の手織り爪掻き本綴れ」、
綴れ帯の名門「本つづれ勝山」の創業者である勝山正之氏が、
あくなき創作意欲とともに設立した「白龍庵勝山」より、まさに極上、
連綿と受け継がれる西陣の匠技がしのばれるような作品をご紹介いたします。

あくまでも、手織り一本。

軽いものでもひと月に一本、重たいものでしたら、
ふた月み月に一本というペースで、
一人の織り手さんがその作品にかかりきりになり、
丁寧に丁寧に、その創作を進められております。

白龍庵勝山の爪掻當麻つづれ袋帯とは…

奈良の當麻寺に現存する国宝「當麻曼荼羅」を手本として、
白龍庵主人が多年にわたる研鑽と探求により、
細緻な組織をそのままに帯地として再現したものでございます。

「かたい」「締めにくい」「正装用には不適当」というイメージだった綴れ織を、
極細糸を用いて織ることにより、「しなやか」で「軽い」「締めやすい」、
さらにはそれによって二重太鼓の袋帯として完成させられ、
正装用として最適の逸品となりました。

つまりは…
「西陣の爪掻き本綴れ」という風格ある佇まいながらも、
細い糸を密集させることで、しなやかかつ強い仕上がりとなり、
「八寸帯」ではなく、よりフォーマルな「袋帯」が実現できたのです。

まずはお手を触れてくださいませ。
従来のものとは全く違う、このやわらかさ。
「打ち込み」という、糸を織り込む本数が格段に違います。
綴れ地とは思えないほどにやわらかく、締め心地は格別の仕上がりです。

本物は本当に手間暇かかります。

 銘【 六通道長琳派流水 】

金の箔糸を細やかに織り込んだ上品な薄香色を基調とした地。
その地に珊瑚色や白鼠色、薄水色などの鮮やかな色と金銀糸にて、
流水の意匠が込められたゆうらりとした斜め縞模様が織りなされました。
シンプルな意匠でございますので、合わせやすい重宝の一本でございます。

黒留袖、色留袖、訪問着、付下げ、色無地などにあわせて、
西陣の歴史と伝統がしのばれるような表情をご堪能いただきたく思います。

【 白龍庵勝山 略歴 】

昭和14年 創業者 勝山正之 京都西陣に生まれる
昭和37年 同志社大学卒業後 父親経営の勝山九一商店に入店
昭和42年 同店 店主になる
昭和52年 株式会社本つづれ勝山 設立
昭和54年 有限会社暁山織物 設立
昭和60年 上記2社を弟に譲り、勝山商事株式会社 設立
昭和62年 本社移転にあたり、社名を「株式会社白龍庵勝山」に変更
平成17年 創業者死去により、二代目 勝山朝成が遺志を継承し、現在に至る
平成24年 西陣織大博覧会に初出展『京都府知事賞』受賞
平成25年 西陣織大博覧会において『京都商工会議所会頭賞』受賞
平成26年 西陣織大博覧会において『(財)大日本蚕糸会会頭賞』受賞
平成27年 西陣織展2015において『文部科学大臣賞』『京都商工会議所会頭賞』受賞
平成28年 西陣織展2016において2年連続『文部科学大臣賞』受賞

お仕立上がりまでの期間はおよそ3週間です。


袋帯のお仕立てはこちら
(爪織綴袋帯お仕立て)
撥水加工をご要望の場合はこちら
(パールトーン加工 袋帯)
(ガード加工 袋帯)

[A6G129382HBW]-[TP:片山]-[PS:片山]-[CH:田中郷]-[文責:永田]-[0923017]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

 
価格
540,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
発送日目安:C:2日から7日後
残りあと1点限りです
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先