2019-08-11
カテゴリトップ>オレンジ3>物流保管用品>物品棚>中量棚
ダイフク グッシェルフNT 300Kg型1800×450×H2100 独立【GSNC2118B5D】 販売単位:1台(入り数:-)JAN[-](ダイフク 中量棚) (株)ダイフク【05P03Dec16】【特長】
●ボルトレスで組み立て・分解作業が簡単。短時間で作業ができます。
●シンプルな構造ながら強度は抜群です。
●棚受けのフラット化で長尺物など多様な荷姿にも対応できます。

【用途】

【仕様】
●間口(mm):1800
●奥行(mm):450
●色:アイボリー
●棚段数(段):5
●有効間口(mm):1750
●高さ(mm):2100
●組立目安:2人30分
●外寸間口(mm):1859
●外寸奥行(mm):452
●外寸高さ(mm):2103
●質量(kg):77.26
●組立式
●均等積載量:300kg/段
●最大積載量:1500kg/台(高さ2100、2400の場合は1200kg/台)
●棚板調整ピッチ:50mm

【材質/仕上】

【セット内容/付属品】

【受注数(例:1Pk)内に含まれる数量(例:42本)】
-

【JANコード】
JANコード無し

【注意】
●集中荷重になりますと耐荷重能力は半減します。必ず均等に荷重を分布させてご使用ください。
●連結型のみではご使用できません。

【在庫種類】
●直送品
●直送品となります。
●代引き決済はご利用いただけません。

【別途送料について】
* 御注文金額が5,000円(税抜)以上の場合、送料無料とさせていただきます。
* 御注文金額が5,000円(税抜)未満の場合、送料600円(税抜)とさせていただきます。
* 重量物、多量注文、長物など通常の発送ができない場合、送料についてお見積致します。
* 北海道、離島、沖縄を除きます。

【納期】
1〜2週間以内に発送予定

【ブランド】
ダイフク     

【メーカー】
(株)ダイフク

【原産国】
日本

【オレンジブック掲載箇所】
2015年オレンジブック 4 0111
* 関連商品の掲載をしております。

【商品画像】
※基本的にシリーズを代表する画像となります(サイズ違い・色違い)。
※品番等をご確認していただき、お間違いのないようにご注文ください。

【環境配慮事項】
1

【エビデンス】
メーカー希望小売価格はメーカー広告に基づいて掲載しています。

【エビデンス出典】
エビデンスの出典となります。

物流保管用品→物品棚→中量棚
【オレンジブック掲載箇所】
2015年オレンジブック 4 0111
【直送品】ダイフク 中量棚【GSN-C2118B5D】(商品番号:4616065)
メーカー希望小売価格54,700円 (税込59,076 円)
価格
42,979円 (税込46,418 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
都度問合せ
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先