2019-06-13
カテゴリトップ > アコースティックギター > YAMAHA > FG シリーズ
アコースティックギター ヤマハ アコギ YAMAHA FG820L レフトハンドモデル
【送料無料】
全てはここから始まる
FG820のレフトハンド・モデル

■FG820のレフトハンド・モデル
■トラッドウェスタンのボディシェイプ
■表板はスプルース単板
■裏・側板はマホガニー
■新開発スキャロップドブレイシング
■あたたかくパワフルなサウンド


●新開発スキャロップドブレイシング
ヤマハギターチームが新しく開発した木工加工技術により、中低音域における音量を強化し、パワフルなサウンドを実現。設計者たちは、過去の経験や推測に基づいた開発ではなく、音の実験、解析をとことん行い、科学的に音の進化を解明。その解析から新たなデザインのブレイシングに到達し、音の肝である表板の耐久性を維持しながら、かつてない表現力をもった音を生み出しました。

●50年の歴史
FG180、FG150をリリースした1966年からヤマハFGシリーズの歴史は始まりました。ヤマハFG誕生から50年。たゆまぬ技術の向上によりモデルチェンジを重ね、その時代の音楽シーンに一番合うFGを制作。200を超えるモデルを世に送り出しています。

●メイド・イン・ヤマハ
塗装、研磨、品質管理と、一本一本のギターが職人による細部に至る作業によって手がけられるFGシリーズは、長きにわたってあなたのパートナーとなります。


●マホガニー採用
裏側板にマホガニーを採用。ふくよかな中音域と、あたたかみのあるサウンドが魅力。新開発ブレイシングパターンににより、パワフルな音量と素早いレスポンスを実現。


【主な仕様】
胴型トラッドウェスタンタイプ
胴長505mm
胴幅(最大幅)412mm
胴厚100〜118mm
弦長650mm
全長1038mm
指板幅(上駒部)43mm
指板幅(胴接合部)55mm
表板スプルース単板
ブレーシング形状スキャロップドブレイシング
裏板マホガニー
側板マホガニー
棹ナトー
指板ローズウッド
下駒ローズウッド
糸巻ダイキャスト・クローム(TM29T)
上駒ユリア
ピックガードべっ甲柄
下駒枕ユリア
塗装グロス仕上げ-
カラーナチュラル(NT)

【 即納可能!】【 あす楽 】表記の商品以外は基本的にお取り寄せになります。

メーカー在庫依存商品はお取り寄せでも翌日出荷が可能です。
(但:メーカー在庫品・平日メーカー受注時間内)
※商品状態をリアルタイムに反映できない場合がございます。
売り切れの際はご了承ください。



裏・側板にマホガニーを採用。あたたかみのあるパワフルなサウンド。FG820のレフトハンド・モデル アコースティックギター yamaha ヤマハ アコギ 裏・側板にマホガニーを採用。あたたかみのあるパワフルなサウンド。FG820のレフトハンド・モデル
価格
35,700円 (税込 38,556 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
お取寄せメーカー在庫有時は1〜3日以内発送
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先