2020-02-13
カテゴリトップ > カスタムパーツ > 足回り > サスペンション > リアサスペンション
Matris マトリス リアサスペンション モノショック TnT1130/899■商品番号
MB101.09K

■JANコード
4580365641026

■商品概要
・M46Kタイプ


■適合車種
▼BENELLI
TnT1130/899

■詳細説明
・Monoshock M46K
・選び抜かれた素材
Matrisリアモノショック M46Kに採用する、ダンパーヘッド、ピストン、シリンダーは勿論、プリロードアジャスターナット、ダブルナットに至るまで、全てのパーツには、軽量・高強度を誇る超ジュラルミン7075を使用し、無垢材より高精度のマシンカットを経て、ハードアルマイト処理が施され高い耐久性が与えられています。
・NC切削ボディ
Matrisは、市場のショックユニットのボディの大多数を占める鋳造ボディを採用せず、鋳造に比べ高コストにもかかわらずNC切削を採用しました。これには下記に述べるように幾つかの理由があります。
まず、圧倒的に高強度であること。
鋳型に流し込まれ成型される鋳造に比べ、無垢材よりの削り出しは強度面で大変優れており、過酷な条件下で使用されるサスペンションには最適な選択といえます。そしてそれはレースユースは勿論のこと、長年使用され、耐久性が必要とされるストリートユースにおいてこそ大きなアドバンテージとなるでしょう。
次に、プロファイルの変更が容易であること。
鋳型を用いないNC切削では、コンピュータによるプロファイルの変更が容易にできます。これは細やかなバージョンアップが可能であるとともに開発費用の削減を実現、結果的により優れた商品を市場に送り出すことを可能としました。
そして、非常に美しいということ。
耐久性を得るために施されたハードアルマイト加工と切削されたジュラルミンが持つシャープなラインと艶。ナットやリザーバタンクの内側まで徹底的に肉抜きされ贅肉を削ぎ落とされたボディは、高価なスーパースポーツのリプレイスパーツ群においても抜群の存在感を放ち、ユーザーの所有欲を満足させる仕上がりです。
・クロームコーティングピストンロッド
M46Kモデルのピストンロッドはクロームコーティング仕様。
・2ウエイ調節機構
M46Kモデルは減衰調整をよりわかりやすくするため、圧側、伸び側の2ウェイ機構とし、車種により車高調整機能を装備。
※ 一部の車種は車高調整機能がありません。
・油圧プリロードアジャスター
M46Kモデルは一部のモデルを除き、油圧プリロードアジャスターの装着が可能です。
またモデルにより油圧プリロードの形状が異なります。詳しくはラインナップ表をご覧ください。油圧プリロード ビルトインタイプ
・チッソガス封入リザーバタンク
ピストンロッドの激しい動きによって発生するキャビテーションを防止するため、全ての機種に可能な限り大型のチッソガスタンクが付属します。シリンダー内部を高圧に保つことでキャビテーションを防止、高い耐久性を発揮、セッティングの誤差発生を防止します。

■注意点
※画像はイメージです。実際との商品とは異なりますので予めご了承ください。

【送料無料】サスペンション TnT1130/899 Matris マトリス MB101.09K
当店通常価格130,680円 (税込)
価格
130,680円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
メーカー在庫確認後、発送日は別途ご連絡
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先