2019-09-06
カテゴリトップ>昭和西川>安眠工場×昭和西川
西川 最高級羽毛ふとん《シルク触感》ダブル ホワイトマザーグースダウン95% (440dp以上) 羽毛量1.6kg 【花粉フリー加工】


西川 最高級羽毛ふとん 日本製
■サイズ  ダブル(190×210cm)
■羽毛   ホワイトマザーグースダウン95%、フェザー5% (ダウンパワー440dp以上)
       パワーアップ加工(国内スチーム洗浄・殺菌加工、消毒加工)
■羽毛量  1.6kg
■側地   綿65%、ポリエステル35%【80番手超長綿とエステルフィラメントの交織】
       (ソフトタッチ加工、ダウンプルーフ加工、花粉フリー防汚加工)
■仕立   立体マチ付きボックスキルト
■その他  収納にも使える「ソフトケース」に入れてお届けします

◇ダウンパワー440dp以上の最高クラスのホワイト マザーグースダウンをたっぷり使用した羽毛布団です。
 羽毛の性能を示す値「ダウンパワー」は、数値が高いほど暖かさやボリュームが良いものになります。
 440dpを超える羽毛は、国内でも最高級クラスに分類され、暖かさも抜群で大変希少な羽毛となります。
 
 グースダウンは、ダックダウンよりもダウンボールが大きく、寒さの厳しい地域でも暖かいほど保温性に優れています。
 グースの中でも、長期に生育されたマザータイプは、とても質がよくコシがあり、長年の使用でもヘタりにくい丈夫さがあります。
 寝具に長い歴史を持つ 昭和西川の独自の厳しい品質管理体制、
 さらに、第3者の検査機関で品質検査を行うことで、正確な品質表示を実現しています。

◇「パワーアップ加工羽毛」とは…
 近年、ヨーロッパのダウンにも勝るとも劣ることのない高品質羽毛を産出する【吉林省】から取り寄せた羽毛を、
 日本国内でさらに上質なものだけを厳選し、再度、高温のスチームで洗浄・乾燥・殺菌することで、洗い上がりの状態に復元させます。
 ふんわり感がアップするのはもちろんですが、より安心してご利用いただくために
 羽毛に清潔で衛生的な加工を施す方法になります。羽毛本来のパワーを引き出します。

◇生地は80番手超長綿という上質な綿糸と、エステルフィラメントを交織した新素材を採用。
 シルクのような光沢感や軽さをもちつつ、丈夫さや通気性にすぐれた綿素材の特長を両立した高品質生地です。
 生地が軽くなることで、羽毛のふくらみを押さえつけず体にフィットしやすい羽毛布団に仕上がっています。
 
◇さらに「花粉フリー(防汚加工)」を施しています。
 通常の生地に比べて花粉が付きにくく、また、軽くはたくだけで落ちやすくなっておりますので、
 外干しでの花粉の付着が気になる方へおすすめです。

◇「ソフトタッチ加工」を施しており、桃肌のような優しい手触りです。
 また「ダウンプルーフ加工」により、生地の織り目から羽毛が吹き出すのを防ぎます。

この商品は、安眠工場と昭和西川株式会社が共同で企画し、日本国内で製造しております。
長い歴史をもつ羽毛布団の特徴を熟知した両社が、素材や使い心地にこだわり企画しました。
商品に自信をもってお届けいたします。
【あす楽】日本製 昭和西川 当店オリジナル 立体キルト
当店通常価格79,400円 (税込85,752 円)
価格
79,400円 (税込85,752 円)送料無料
点数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • 国際配送
※「あす楽」がご利用可能な配送方法は宅配便です。
翌日配達
12:00までのご注文で翌日お届けします
利用条件
あす楽ご利用時は時間指定はできません。土曜・日曜・祝祭日のご注文は、あす楽対象外となります。
対象の配送方法
宅配便
対象エリア(離島等、一部例外地域もございます)
北陸
富山・石川・福井
東海
愛知・岐阜・静岡・三重
関西
大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
中国
鳥取・島根・岡山・広島・山口
四国
徳島・香川・愛媛・高知
九州
福岡・佐賀・宮崎・長崎・大分・熊本・鹿児島

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先