2019-11-11
カテゴリトップ>ギター/ベース関連小物&デジタル機器>DTM>DTMハードウェア>DiGiGrid
●DiGiGrid MGO
Optical MADI Interface
コンパクトでポータブルなDiGiGrid MGOインターフェイスは、あらゆるオプティカルMADI対応デバイスを、WavesのネットワークとプロセシングのプラットフォームであるSoundGridに接続することで、128までのオーディオ・チャンネルの録音、エフェクト・プロセシング、プレイバックが可能になり、文字通り何百ものWavesとサードパーティーのプラグインが動作するSoundGrid DSPサーバーへ、わずか0.8ミリ秒という非常に低いレイテンシーで接続します。1台はバーチャル・サウンドチェック用に、もう1台はバックアップ用に、2台のコンピューターに同時に録音することも可能です。MGOとSoundGrid DSPサーバーがあれば、ツアーバス、ホテルの部屋、空港など、あなたがどこにいたとしても、瞬時に次のショーのセットアップを、あなたのラップトップ上で確認することができます。DiGiGrid MGO MADI-to-SoundGridインターフェイスなら、たった1本のEthernetケーブルだけで、リアルタイムの低レイテンシー・ネットワークとプロセシングのプラットフォームに接続可能です。
■Hardware
MGOをコンピューターに直結すると、128チャンネルまでのレコーディングと128チャンネルの再生が可能です。さらに、SoundGrid DSPサーバー、1 GBネットワーク・スイッチとWaves MultiRackホスト・アプリケーションを追加すれば、MADI対応のライブ】ブロードキャスト・コンソールに、リアルタイムの低レイテンシー・プロセシング能力を加えることができます。より解像度の高いオーディオを収録する必要があるときは、簡単な設定でMGOを96kHzモードに切り替え、64チャンネルの同時録音と64チャンネルの同時再生が可能になります。長距離の伝送が必要な場合も安心です。オプチカル・ファイバーでの長距離転送が必要な場合は標準デュアル・モード・トランシーバーからシングルモード・トランシーバーにアップグレードも可能です。
・オプティカル(SFP)MADI I/O
・44.1, 48, 88.2, 96 kHzのサンプルレートをサポート
・112/128チャンネルI/O @ 48kHz
・56/64チャンネルI/O @ 96kHz
・56チャンネルと64チャンネル・モードに対応
・96kHzのダブルワイヤー(48kフレーム)とシングルワイヤー(96kフレーム)伝送をサポート
・ワードクロック入力、MADI(ポート1または2)、SoundGrid(Sync over Ethernet)、インターナルからクロックソースを選択
・SoundGrid RJ45 Ethernetポート x 1
・リセット・スイッチ
・DiGiCoステージ・ラックのチャンネル57をサポート
■動作環境
Mac OS
Model/CPU:Mac Pro 4,1以降、MacBook Pro / iMac / Mac Mini(各Core i5以上のCPU)
メモリ:6 GB以上
OS:10.8.5 - 10.10または10.7.5 (Pro Tools 10 TDM)
画像解像度:1024x768 32-bit以上
Apple Thunderbolt - ギガビットEthernetアダプタ対応
Windows
CPU:Intel Core i5以上のCPU
メモリ:8 GB以上
OS:Windows 7 with SP1 / Windows 8.1
画像解像度:1024x768 32-bit以上
下記のLANコントローラデバイスは非対応です。
Intel(R) 82579V Gigabit Network Connection
※DiGiGrid製品はEthernet接続タイプでUniversal AudioのApollo同様にオーディオインターフェイスにDSPが内蔵され、WAVESプラグインのSoundGrid版をCPU負荷を軽減した形で使用可能なハードウェア&ソフトウェアになります。ProToolsだけでなく、Nuendo/Cubase/Logicなどでも使用可能になります。

トップ ⇒ 現在地


DiGiGrid
≪デジグリッド≫
MGO
オーディオインターフェイス
【オーディオインターフェイス】
価格
183,333円 (税込198,000 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
通常3〜4営業日以内に発送予定
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先