2019-03-09
カテゴリトップ > パーツ別 > タイヤ・ホイール > ホイールスペーサー
H&R VW 5/100 ハブ57.1用変換スペーサー Porsche 5/130 71.6φ 40mm DRM ネジM14 ピッチ1.5
■メーカーH&R/エイチアンドアール
■メーカー品番80295572
■商品名変換スペーサー
■自動車メーカーVW → Porsche
■穴数5 → 5
■P.C.D100 → 130
■ハブ径57.1 → 71.6
■厚さ40mm
■M14
■ピッチ1.5
■タイプDRM
■商品説明ホイールスペーサーはコーナリング性能を向上させるためにトレッドを広げるためのデバイスです。
スペーサーに真円性や重量アンバランスなどの精度誤差があると深刻な振動問題を引き起こすことになり非常に危険ですが、H&Rホイールスペーサーはストレスに強いアルミ合金を高い工作精度で成形した高品質が特長です。
H&RホイールスペーサーはアルファロメオからBMW、メルセデス・ベンツ、ポルシェ、国産車まで、専用ボア径、専用ピッチであらゆるモデルに対応し、ボルトタイプ、スタッドボルトタイプ、ナットタイプなどに豊富にラインナップされています。
また、スペーサーの厚みも3mmから30mm以上まで揃い、トレッドの拡大幅に応じて最適なサイズをチョイスすることができます。

※適合表は、装着を保証するものでは御座いません。適合表に記載されている車種であっても装着出来ないスペーサーも御座います。
※ハブが立ってるスペーサーにつきましては、車輌側のハブ立ち上がりが、スペーサーの厚みから-1.5mmのハブ立ち上がりに対応してます。(例:15mmスペーサーの際は、車輌側のハブの立ち上がりが13.5mmまでに対応)
■タイプ説明文【DRMタイプ】
一軸当たり14〜66mmのクリアランスを確保するナット固定式のナットアダプター。ポルシェ、ジャガー用等のスペーサーがラインナップされています。
■納期メーカー取り寄せ品の為、通常2〜4営業日以内に発送致します。

※ ご注文前に必ずご確認下さい
お急ぎの場合はご購入前に納期確認をお願い致します。
納期について
*メーカー在庫が欠品の場合、1〜2ヶ月以上のお時間を頂く場合がございます。
*メーカーにて予告無く廃盤、仕様変更になっている場合があります。

返品・キャンセルに関して
*お客様都合による返品・キャンセル・商品の変更は一切お受けしておりません。
*在庫・納期・適合未確認でご購入された商品のキャンセルは一切お受けしておりません。
メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています。

80295572 H&R エイチアンドアール 高品質 アルミ合金 豊富なラインナップ
メーカー希望小売価格44,000円 (税込 47,520 円)
価格
33,800円 (税込 36,504 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
お取り寄せ 2〜5営業日後発送(欠品時除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先