2019-11-01
カテゴリトップ > 厨房用品 > 作業台・ワゴン > 作業台 > 作業台(キャスター付) > 四方枠/キャスター付
シンコー 作業台(キャスター付) SUS430 WZC-12060 四方枠 1200×600×800(送料無料、代引不可)
区分

サイズ約 幅1200×奥行600×高さ800mm
重量:約 21.6kg
天板SUS430(No.4仕上・板厚1.0mm)
支柱SUS430(φ38mm)
SUS430(No.4仕上)
キャスターウレタン車、ナイロン車、ゴム車
備考組立が必要です。
納品方法:車上渡し


●組立が必要です。
●支柱には25mmピッチで溝が刻まれているので、棚の取り付け位置も同ピッチで調節できます。
●支柱のストッパー取付溝本数がほぼ支柱全体に付きました。(旧品番:AZC-12060)
●キャスター(ストッパー付)×4個
●総耐荷重(製品の重量も含む):150kg
●SUS430シリーズ:主要な構成パーツの材質がSUS430の製品です。SUS430は、一般に18クロムステンレスとも呼ばれ、鉄に18%のクロムを含有した、比較的経済性の高い汎用ステンレス鋼で、強い磁性があります。
●SUS304シリーズ:主要な構成パーツの材質がSUS304の製品です。SUS304は、一般に18-8ステンレスとも呼ばれ、鉄に18%のクロムと8%のニッケルを含有した、より耐食性に優れた高級ステンレス鋼で、磁性がありません。
●キャスターの車輪種類
・ウレタン車:耐油性、耐摩耗性、低温特性に優れ、高い耐久性があります。比較的静かで床面も汚れにくく、工場、研究室など幅広い用途に適します。(スチール製、ウレタン車、φ75mm、)
・ナイロン車:耐薬品性、耐食性、耐摩耗性に優れ、計量です。汚れの掃除が安易なため、手入れすることで、美しい外観を保つことができます。(スチール製、ナイロン車、φ75mm、)
・ゴム車:一般的に広く使われている車輪です。表面硬度が低く弾性があるため、凸凹のある路面でも安定性があり、比較的騒音も発生しにくい素材です。(スチール製、ゴム車、φ75mm、)

【cookcook、クッククック、厨房用品、作業台・ワゴン、作業台、作業台(キャスター付)、四方枠/キャスター付、シンコー、原産地:日本、WZC-12060、SINKO、しんこー、頑丈、丈夫、フラット、平棚、組み立て、組立て、組みたて、調理台、変えられる、変えれる、変更、車輪、コロ、移動】
▼こちらもどうぞ▼

シンコー 作業台(キャスター付) SUS430 WZC-7560 四方枠 750×600×800

シンコー 作業台(キャスター付) SUS430 WZC-9060 四方枠 900×600×800

シンコー 作業台(キャスター付) SUS430 WZC-9045 四方枠 900×450×800

シンコー 作業台(キャスター付) SUS430 WZC-12045 四方枠 1200×450×800






















●5,000円(税込)以上のご注文で送料無料にてお届けします。(一部地域除く)

SUS430ステンレス作業台
価格
33,200円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
アイテム × キャスター
  キャスター
ウレタン車
ナイロン車
ゴム車
×・・・売り切れ
メーカー直送品につき代引不可です。確認しましたか。  はい  いいえ   
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先