2020-02-03
カテゴリトップ > カスタムパーツ > 足回り > ホイール関連 > ホイール本体
BULL DOCK ブルドック ホイール本体 LAVORANTE [ラヴォランテ] アルミホイール マットブラック CB1300SB [スーパーボルドール] CB1300SF■商品番号
W-1734-133

■商品概要
カラー:マットブラック
フロントサイズ:350-17
リアサイズ:600-17
専用スプロケットサイズ:国内:530-39T
【JB-POWER:マグ鍛/ACTIVE:GALESPEED等と同一ピッチのスプロケットを使用して下さい】
【素材】
・ホイール本体:アルミニウム6061-T6
・アタッチメント:アルミニウム2024(ハードアルマイト処理)
・カラー:アルミニウム7075(ハードアルマイト処理)
・ベアリング:ラバーシールドベアリング
・ダンパー:特殊樹脂:ステンレススリーブ付き
・エアバルブ:アルミニウム


他のカラーリングはこちら

■適合車種
▼HONDA
CB1300SB [スーパーボルドール] 10-11 (ABS)
CB1300SF 10-11 (ABS)

■詳細説明
洗練された機能美
軽量アルミホイール
性能・安全性・デザインに優れた軽量ホイール「ラヴォランテ」。鍛造製法により作り上げられたラヴォランテは軽量に、そして強固に設計されており、旋回・加減速・制動・燃費といった挙動に多くのメリットをもたらします。80年代を彷彿とさせるノスタルジックなデザインを踏襲し、現行のハイスペックタイヤをセットアップできるよう開発しました。ロードスポーツモデルによく映えるデザインであり、カスタムマシンであることを強く主張するでしょう。
【製品特長】
・JWL認定
ラヴォランテは高い信頼性を誇ります。日本国内での軽合金ホイールの安全基準であるJWL適合しております。また、メーカー自ら設けた社内基準も加えることで精度と安全性を支えています。
・鍛造方法
鍛造材は強度があり、その分大幅な切削加工が可能です。細身のスポークや肉薄のリムなど鍛造ホイール独特の形状はここからきています。ラヴォランテは熱間鍛造法により8.000tもの高圧で鍛えられ、鋳造品では成し得なかった軽量ホイールに仕上がっています。
・スポークデザイン
スポークは操縦の剛性感を高める役割と路面からの衝撃を吸収する役割を持つほか、ホイールデザインにおいても非常に重要な部分です。ラヴォランテのスポークは断面、太さ、本数を工夫していずれの性能も損なうことなくバランスよく設計されています。
・設計・解析
3D CADと解析ソフトを駆使して行われる設計・解析。技術者の意図するデザイン・加工方法・軽量化・強度・弾性など、ありとあらゆるファクターを最良の状態に持っていくために繰り返されます。妥協を許さない設計と十分な信頼性。これがホイール作りの第一歩です。
・リムの軽量化
リムの軽量化は回転重量の軽減に直結し、ジャイロ効果の抑制につながります。そしてこれは、車体の運動性能を左右する重要なファクターです。ラヴォランテのリムはただ軽いだけではなく、変化するリム厚やリブの構成によって実用に足る耐久性も併せ持ちます。
・ハブの軽量化
フロントハブ部分をアタッチメント方式として、工作機械の刃物が届きにくい内部まで切削を施した軽量な仕様です。

■注意点
※純正のフロントディスク用ローターボルトが別途必要です。
※純正のリアディスク用ローターボルトが別途必要です。
※特殊設計のため10.500(税込)増しとなっております。

【送料無料】ホイール関連 CB1300SB [スーパーボルドール] CB1300SF BULL DOCK ブルドック W-1734-133
当店通常価格247,320円 (税込)
価格
247,320円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
メーカー在庫確認後、発送日は別途ご連絡
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先