2020-03-26
カテゴリトップ > メーカー、ブランド > レ・クリント
LE KLINT レクリント ペンダントランプ 【φ32×H30cm】 SWIRL スワール 3S KP1313SCP ブラウン 北欧 照明 レ・クリント
商品詳細
説明 カタツムリの殻など、自然界に由来するフィボナッチ数列からヒントを得てデザインされたその名の通り渦(スワールswirl)を形作るシェードは、どこから見ても光源となる電球が見えず、透過光と散乱光を利用し、やわらかく優しく暮らしを照らしてくれることでしょう。
全品2灯式を採用し、ペンダント同様、光源が直接見えることはありません。
電球型蛍光灯7W使用可(直径45まで)・白熱電球使用不可
*器具の取付は本書に従い確実に行ってください。取付に不備があると器具の落下によるけがや火災、感電事故の原因となることがあります。
*感電や思わぬ事故の原因となりますので、改造や組み替えはしないでください。
*一般屋内用器具ですので、屋外や浴室など湿気の多い場所ではご使用できません。
*感電の恐れがありますので、取付の際はシーリングソケットの電源がOFFになっていることを確認の上、取り付けてください。
*感電の恐れがありますので、取付の際は濡れた手などで作業しないでください。
*破損や事故の恐れがありますので、適合電球以外の使用はしないでください。
*製品の仕様につきましては、性能向上のため予告なく変更することがあります。
サイズφ32×H30cm
重量0.4kg
カラー
主な材質 シェード:プラスチック
仕様
デザイナーデザイナー:oivind Alexander Slaatto(オイヴィンド・アレクサンダー・スロット)
製造国 原産国:デンマーク
付属品
備考 こちらの商品は電球が付属しておりません。お客様ご自身でお買い求めください
キーワード シェード 北欧 照明 ペンダント ペンダントライト ペンダント照明 照明器具 デザイナーズ レクリント LE KLINT デンマーク ランプ モダン シーリングライト テーブルランプ フロアランプ インテリア オシャレ
送料 本州、四国は送料無料
*九州、北海道、沖縄、離島、淡路島は追加送料がかかります。
配送
配送会社:ヤマト宅急便
配送ランク:160
・玄関渡しとなります。
・時間帯は、午前中、14時-16時、16時-18時、18時-20時、20時-21時から選べます。 
納期情報 買い物かご上に記載
配送日時指定 配送日時の希望は、備考欄にご記入ください。
オプション

 






ケース カバー シェード 北欧 照明 ペンダント ペンダントライト ペンダント照明 照明器具 デザイナーズ レクリント LE KLINT インテリア オシャレ おしゃれ
価格
55,800円 (税込 60,264 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
お届け地域は?   
コードの長さはどうされますか。   
約1-3週間前後(要メーカー在庫確認)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先