2020-02-13
カテゴリトップ > アウトドア・ウィンター・ゴルフ・釣り・自転車 > アウトドア > バッグ・ザック・ポーチ > 50リットル以上
ドイター deuter エアコンタクト 70+10 SL ミッドナイト×デニム 3354 D3320616こちらの商品は ドイター(deuter) エアコンタクト 70+10 SL ミッドナイト×デニム 3354 D3320616 【ザック バック リュック】 です。


エアコンタクトシリーズは縦走、長期旅行等、ハードな使用に耐えられるように強じんな素材でつくられたシリーズです。
背面パッドに適度な硬さを持たせた通 気性の高い中空フォーム(エアコンタクトシステム)を使用しています。
内蔵のXフレームはバックパックの剛性を出すだけでなく、全体に荷重を腰に集約する 効果を待ちます。


◆SL ウーマンズフィット
 SLモデルは、平均的な女性アスリートの体型にフィットするように設計されています。ショルダーハーネスやヒップフィンの形状、取付位置、使用する素材に至るまで女性の体型に合わせたデザインをパック全体に施し最適な荷重バランスとフィット感を実現しています。小柄な男性にもご使用いただけます。

◆レインカバー内蔵
 バックパックにレインカバーが内蔵されています。

◆SOSラベル
 救助を求める際の国際的な手信号の方法が英語とドイツ語で表記されています。

◆バリュアブルポケット
 小物の収納に便利な、ポケットがバックパック内部に付いています。

◆エアコンタクトシステム
 中空フォームのパッドにより高い背面通気性を確保したモデルです。

◆バリクイックシステム
 背面中央部のベルクロストラップベルトを、取付ループの範囲内で移動させ、背面長の調整を簡単に行えます。

◆X型内蔵フレーム
 バックパック内部にX型補強用フレームを内蔵しています。

◆雨ブタ高さ調節
 ザック上部の雨ブタ部分が上下に可動させられるので、荷物が増えても安心です。

◆2気室構造
 ジッパー式のセパレーターにより、バックパックの内部を2気室にできます。

◆フロントアクセス
 ジッパーによりバックパックのフロント部から荷室の荷物を取り出せるようにしたシステムです。

◆パッド入りヒップベルト
 荷重を支えるヒップベルトにクッション性のあるパッドが入っています。

◆バリフレックスシステム
 身体の動きに合わせてヒップフィン(ベルト)が動き、腰への高いフィット感が保たれるシステムです。

◆チェストストラップ
 胸の部分にストラップが付いており、ショルダーハーネスのズレを防ぎます。

◆ハイドレーションシステム3.0リットル対応
 H2Oシステム(ストリーマー3.0リットル)対応


【関連商品はこちらです】
その他のドイターはコチラ


●管理code:79839697

【商品スペック】
詳細 :
 H2Oシステム(3リットル)
 チェストストラップ
 SOSラベル
 レインカバー内蔵
 ヒップベルトパッド
 トップリッド&サイドポケット
 ヒップベルトポケット
 X型内蔵フレーム
 バリクイックシステム
 バリフレックスシステム
 2気室
 高さ調節可能な雨ブタ
 プルフォワードウエストベルト
 ピッケルホルダー
 フロントアクセス
 Active Fit ハーネス
重量 : 2920 g
容量 : 70 + 10 リットル
サイズ : 86 / 32 / 26 (高さ×幅×奥行) cm
マテリアル :
 Deuter-Duratex / ドイター・デュラテックス
 330D Micro Rip Pro 6.6 / 330D マイクロリッププロ 6.6


2018春夏 ザック バック リュック
価格
36,720円 (税込) 送料無料
ポイントアップ10倍 3670ポイント
※上記ポイント倍率には、スーパーポイントアッププログラム分は含まれておりません。
発送:5〜7日(土日祝除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先