2018-12-09

KTC デジラチェ データ記録式(無線用ホストモジュールセット) TGED060R3Z (410-6393) 《トルク機器》●無線通信式
●電波周波数:2.4ghz
●無線距離:10〜40m※作業環境により使用可能距離は異なります。
●電源:リチウム電池(cr123a)×1個(付属)
●測定方向:右ねじ、左ねじ
●セット内容:ged060-r3-z、ged-z
●質量(g):470

【メーカー名】京都機械工具(株)
【品番】TGED060R3Z
【オレンジブック掲載ページ】2015-1-1233 をご参照ください。
【オレンジブック発注コード】410-6393


●測定結果を無線でpcへデータ送信可能で、記録が残せます。
●本体にも200件までデータ記録が可能です。
●様々な角度からでも確認しやすいリング状ledランプを採用し、3色の光と音でトルクの状態をお知らせします。
工場・作業現場のプロツール
価格
162,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
7〜14日以内に発送(店舗休業日を除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先