2019-07-09

その他 アンティーク調リビングチェア/ダイニングチェア 【ビーダーマイヤー様式】 木製 張地:合成皮革/合皮 ds-1867403【納期目安:8/末入荷予定】 ●こちらの商品は、お支払いに「代金引換」がご利用になれません。
●システム上、全ての商品が「代金引換・時間指定」を選択出来てしまいますが、
こちらの商品は「代金引換」が承れませんのでご了承くださいませ。
●「代金引換」でのご注文は銀行先振込みのお支払いに変更し返信させて頂きます。


●椅子で思いを巡らす憧れの中世。
●芸術作品のような美しさと風格で、今なお人々を魅了し続けるアンティーク調チェア。
●中世ヨーロッパを代表するデザインを再現し、ひとつひとつ丹精込めて手作りされています。
ビーダーマイヤー様式(1820年代〜1840年代)
●ドイツやオーストリアを中心に流行。
●無駄な装飾を省いたシンプルなデザインで機能性にも優れ、日常生活に即した作品です。
●◎ 天然木(本体)
●■ サイズ(cm)】幅55×奥行55×高さ96(座面高49)
●■ 品質】本体:天然木マホガニー材、座面中材:ウレタンフォーム、張地:合成皮革
●■ インドネシア製
●※ 手作り商品のため、1品1品サイズ、趣が多少異なる場合がございます。
●※ 天然素材製品は、天然材質の特徴により1品1品風合いが異なる場合がございますので、ご了承ください。
●【特記事項】
●画像のカラー・サイズとは異なる場合がございます。
●商品名のカラー・サイズをご確認下さい。
●【注意事項】
●・商品注文後のキャンセル、サイズ違い、イメージ違い、その他お客様のご都合による返品・交換は承りかねます。
●本商品はお取り寄せ商品のため、稀にご注文入れ違い等により欠品・遅延となる場合がございます。
●誠に恐れ入りますが、何卒ご了承ください。
●また、以下の場合には追加送料がかかる場合がございます。
●・沖縄、離島および一部地域への配送時
●・大型商品の複数購入時
●・同梱区分が異なる商品の複数購入時
●【出荷目安】:2018年8月末より順次出荷
●【同梱区分】:TS 1764
●【梱包サイズ】:大型商品
●システムの仕様で配達日時を指定出来る場合がありますが、配達日時の指定は出来ませんのでご了承ください。
●こちらの商品はメーカー・取引先からの直送品となります。【代金引換払い】【お届け時間指定】【店頭引き渡し】はご利用になれませんので、あらかじめご了承ください。
インテリア・寝具>リビング家具>その他>その他ds1867403
こちらの商品の送料区分は「12」です。




アンティーク調リビングチェア/ダイニングチェア 【ビーダーマイヤー様式】 木製 張地:合成皮革/合皮 (ds1867403)
価格
32,292円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
■お届け先住所はお間違えの無いように十分ご注意ください。   
お問い合わせ(納期は別途ご連絡)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先