2018-11-18
カテゴリトップ > カテゴリ > BLITZ(ブリッツ) > FLD METER > ブースト計
ブースト計 ブリッツ レクサス LS460 USF40, USF41,USF45, USF46 06/09〜12/10 FLDメーター 15201 BLITZ
■FLD METER システム概要
A - 故障診断コネクター
B - FLD METER
C - LIVE UNIT
車両の「故障診断コネクター(OBD II)」に接続し、車両情報を取得します。
電源などの接続は必要ありません。
※一部のCAN通信車両のみ。
FLD METER本体には、専用ホルダー・
ファンクションスイッチが付属しています。
FLD METERの設定や、外部センサーの入力、SDメーターへの出力を管理する集中ユニットです。
D - 外部センサー入力
(オプション)
E - RACING METER SD接続
(オプション)
OBD通信では取得できない情報を最大4系統入力可能です。

※接続できるのは、
「BOOST SENSER」×1系統、
「TEMP SENSOR」×1系統、
「PRESS SENSOR」×1系統、
「A/F BOX III」×1系統の計4系統です。
(TEMP SENSOR×2系統などは接続できません、水温と油温など)
OBDで取得した情報を利用して、RACING METER SD(別売)を動作させることが可能です。

※接続できるのは
「BOOSTかVACUUM」×1台、
「TEMP」×1台、
「TACHO」×1台の計3台までです。
(「TEMP」×2台などは接続できません)

※OBD(故障診断コネクター)より取得できる表示項目は車種ごとに異なります。詳しくは適合表をご参照ください。
■FLD METER 各部名称 (基本的な機能はブースト計/タコメーター共通です)
A - LED LOOP GRAPH
(レッド)
B - LED LOOP GRAPH
(ブルー)
C - NEEDLE INDICATOR
D - BODY
ワーニングゾーンを設定可能。
ワーニングゾーンに突入すると、レッドLEDが点滅します。
ブルーLEDが指針に連動して
サークル状に点灯します。
また、ピーク値をホールドする機能も備えています。
ブリッツのメーターシリーズで
定評のある深紅の指針を採用。
質感の高いアルミベゼル・
アルミケースを採用。
視認性とデザイン性を兼ね備えるφ74専用サイズを採用。
E - PRIMARY SEGMENT
F - SECONDARY SEGMENT
G - LED INDICATOR
H - FUNCTION SWITCH
第1セグメント表示部。
OBDや外部センサーからの情報を3ケタの数字で表示します。
第2セグメント表示部。
OBDや外部センサーからの情報を3ケタの数字で表示します。
ピークやワーニングの状態を
LEDで表示します。
ピークやワーニングなどの設定を
行うスイッチです。
ホルダーの左右、どちらにでも 装着可能です。
■FLD METER サイズ

■適合車種 (お車と商品の適合を必ず確認お願いします。)
メーカー 車名 車輌型式 エンジン型式 年式(西暦)
レクサス LS460 USF40, USF41,USF45, USF46 1UR-FSE 06/09〜12/10
◆備考・注意事項
_

本車種がOBDより取得できるデータ項目(参考)
○:適合可 ×:適合不可 △:不正値表示
エンジン回転数 車両速度
スロットルセンサー電圧%換算値 冷却水温度
ATFオイル温度 E/G油温 ×
インマニ・ブースト圧 × ■通信種別 : TOYOTA CAN

その他 注意事項など
平成15年(2003年)以前の車両では車両配線の経年劣化などにより車両信号が弱く、 OBD Monitorの通信が確立できず正常に動作しない場合がありますのでご注意ください。

本商品は汎用品となります。本データはメーカーにて確認した車両に関しての情報になります。
よって車両年式の微妙なずれ、固体差等の影響により本書の表示項目内容と異なる場合があります。
本データはお客様のお取付けになる車両の表示項目内容を保証するものではありませんので、予めご了承願います。

OBDより取得できないデータは別途センサーが必要な場合がございます。
通信種別が2種類ある場合は、データ内容によりどちらかを任意でお選びください。
NA車の場合、負圧(バキューム)のみのデータ取得となり、メイン指針の稼動範囲は0以下のわずかな部分のみとなります。

(注1)インマニ圧/ブースト圧の表示範囲は以下のようになります。
 A:TOYOTA1〜3/HONDA1〜2/SUZUKI/DAIHATSU/ISO CAN→-1.01〜1.54hkPa(絶対圧)
 B:SUBARU→-1.28〜1.27hkPa C:MITSUBISHI→-1.05〜0.05hkPa
※Aのように絶対圧を測定している車両の場合、高地(気圧の低い場所)でエンジン停止時、-0.06hkPaというように表示が0ならない場合があります。
※1byte(256通り)データ中、Bは256通りの半分を0hkPa、Aは0を-1.01hkPa(真空)とECU側で定義されているため、上記のようになります。
FLD METER BOOST (ブーストセンサー有)
価格
40,820円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
通常1〜4営業日入荷次第発送 欠品時相談
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先