2019-10-04
カテゴリトップ > その他
【送料無料】
LaCie 2HE9P1 2big dock Thunderbolt3/ 12TB
【在庫目安:お取り寄せ】

2big dock Thunderbolt3/12TB

■Thunderbolt3に対応し、実測440MB/sという超高速転送を実現します。容量の大きい4K規格の映像転送に最適です。またThunderbolt3ケーブルを1本同梱しており、別途ご購入頂く必要がありません。 ■LaCie型番:STGB12000400 ■エレコム型番:2HE9P1 ■対応パソコン:標準でThunderbolt3、USB-C、USB-Aのいずれかのポートを搭載するApple Macシリーズ、またはパソコン ■対応OS:Thunderbolt3 : macOS10.13、10.12、Win10/USB3.1 : macOS10.13、10.12、Mac OS X 10.11〜10.9、Win8.1、7 ■外形寸法:幅118mm×奥行217×高さ93.3mm ■ドライブ数:1 ■容量:12TB ■回転数:7200rpm ■インタフェース:Thunderbolt3、USB3.1 Gen 2 (Type C)、USB3.0、USB2.0、SDカード、CFカード、ディスプレイポート ■入力電圧:100V、50/60Hz (ACアダプタ) ■RAID機能:0/1/JBOD ■セキュリティスロット:○ ■出荷時フォーマット:HFS+ ■冷却FAN:○ ■アクセスLED:○ ■RoHS指令:○ ■付属品:Thunderbolt3(USB3.1互換)ケーブル x1(約50cm)・USB3.1(C to A)変換アダプタ・QSG・ACアダプター ■電気用品安全法:PSEマーク表示 ■保証期間:5年 ■重量:約2.9kg

詳細スペック

  • 記録容量12000GB
  • ディスク回転数7200rpm
  • インターフェースThunderbolt3、USB3.1Gen2(TypeC)、USB3.0、USB2.0、SDカード、CFカード、ディスプレイポート
  • コネクタ形状Thunderbolt3×2、USB3.1Gen2(TypeC)×1、SDカード×1、CFカード×1、ディスプレイポート×1
  • 内蔵・外付外付
  • 対応機種Thunderbolt3:macOS10.13、10.12、Win10/USB3.1:macOS10.13、10.12、MacOSX10.11〜10.9、Win8.1、7
  • 備考保証期間:5年
  • エコリーフ未対応
  • 本体サイズ(H)94mm
  • 本体サイズ(W)118mm
  • 本体サイズ(D)217mm
  • 本体重量2900g

価格
153,522円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
【お取り寄せ】通常1〜3週間以内に発送予定
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先