2019-10-04
カテゴリトップ>KYB(カヤバ)>LOWFER SPORTS>フロントのみ
ショックアブソーバー KYB スバル レヴォーグ VM4 14/06〜 WST5605R WST5605L | カヤバ ショック LOWFER SPORTS(ローファースポーツ)フロントのみメーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています








純正形状サスペンションのメリット
KYB Lowfer Sports サスペンションキットは乗り心地にこだわったローダウンコイルスプリングに最適な減衰力設定と、ショートストローク化されたショックアブソーバを組み合わせた純正形状のサスペンションキットです。

純正形状サスペンションのメリットはショックアブソーバがスムーズにストロークして快適な乗り心地でありながら耐久性を確保していることです。

これはストラット式ショックアブソーバがストロークする場合には本来外側に曲げ荷重が発生しますが(曲げ荷重A)、そのストローク角度より外側にコイルスプリングを配置することで、ストローク時に発生する曲げ荷重を抑えているからです(バネオフセットによる荷重B)。
ローダウンストローク化のメリット
純正形状のメリットは入力時のコイルスプリングの適正化。

つまりコーナーなどや路面のうねりの荷重がかかった時にコイルスプリングとショックアブソーバのストロークが充分に確保されることで、しなやかでフラット感のある走りを確保できるからです。
Lowfer Sportの特徴
乗り心地を損なわない純正形状ローダウンサスペンション。
純正形状のメリットは入力時のコイルスプリングの適正化。

つまりコーナーなどや路面のうねりの荷重がかかった時にコイルスプリングとショックアブソーバのストロークが充分に確保されることで、しなやかでフラット感のある走りを確保できるからです。
ベストセッティングのスプリング付1台分セット
サスペンション性能はショックアブソーバとコイルスプリングの仕様と性能のマッチングで決まります。

ローファースポーツキットはベストな組み合わせのショックアブソーバとコイルスプリングで、ほど良いローダウンスタイリングと走りの性能が両立した1台分キットです。
お近くの整備工場でもお求めいただける供給体制とお求めやすい価格。
ローファースポーツキットは幅広い車種に設定され、多くの旧型から現行型のミニバン&ワゴン車に対応します。

もちろん話題のハイブリッドワゴンにも設定。多くの方に「乗り心地の良いローダウンサスペンション」をお楽しみいただけます。

■適合車種 (お車と商品の適合を必ず確認お願いします。)
メーカー車名型式年式
スバルレヴォーグVM414/06〜
◆備考・確認グレードなど
要確認事項:
グレード(1.6GT,1.6GT EyeSight)
備考(除く1.6GT-S EyeSight (ビルシュタイン装着車))

◆商品詳細 KYB(カヤバ):ショックアブソーバー LOWFER SPORTS 一台分 フロント左右
R(右側)L(左側)
メーカー品番メーカー品番
WST5605RWST5605L

一台分(前後左右一台分):こちらフロント左右のみ:本商品ですリア左右のみ:こちら
KYB カヤバ ショックアブソーバー ショック LOWFER SPORTS ローファースポーツ フロントのみ WST5605R WST5605L
メーカー希望小売価格57,672円 (税込)
価格
42,293円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
通常1〜4営業日入荷次第発送 欠品時相談
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

古くなったタイヤを お持ちではないですか?

当社ではお客様から買い取らせて頂いた中古タイヤを、
国内販売の他、海外へ輸出しております。
日本で生産されているタイヤは大変質が高く、
日本では使用できないレベルのタイヤも、海外ではまだまだ需要があるとされています。
貴重な再生資源を世界へ送り、リサイクルのお手伝いをいたします。

グラフ:2013年度 タイヤのリサイクル状況

2013年度 タイヤのリサイクル状況

個人向け買い取り案内へ

海外で再利用され、 環境の保全に貢献します。

廃タイヤの輸出出荷実績は年々緩やかに減少しています。これは廃タイヤを代替燃料として国内で利用するケースが増えてきているためです。

しかし、選択肢の一つとして海外へ輸出することで再利用の機会を創出し、より無駄の無い資源の有効活用に寄与することができます。

グラフ:自動車タイヤ・チューブ輸出出荷実績

買取から輸出までの流れ

  1. 中古タイヤの検査を行います。状態により、国内での再販売の判断がなされることもあります。
  2. コンテナにタイヤを積み込みます。1コンテナに1,000~2,000本が積み込まれます。
  3. コンテナを港へ運びます。
  4. 船に積まれ、各国へ運ばれます。
    国から認可を得た業者を通してロシア他お取引のある各国へ中古タイヤの輸出を行っております。
  5. 各国へ到着。再利用されたタイヤは代替燃料としての需要が非常に旺盛で、日本へと戻ることもあります。

グラフ:主な輸出先

グラフ:主な輸出先